順天堂練馬病院の90床増床計画。もともとは、笹目通りの反対側に新たに4号館を建て、60床はそこに。残りの30床は1号館に、というものでした。それが大きく変わります。変更の柱は
①現在は1号館2階に集約されている外来診療スペースを4号館に移す
②増床分90床すべてを1号館に入れる
というものです。委員会資料から紹介すると、まずはこれが現状のフロア配置。

b0017546_19313145.jpg

次いで、こちらが増床後の1号館のレイアウト。修正後の計画です。2階の外来の大半がなくなり、54床の病床が入っています。ただし、外来に関連する機能のうち総合案内や採血・採尿はそのまま。また、CTやX線等の検査部門も1号館に残ったままです。

b0017546_19313674.jpg

こちらは、新たにできる4号館の配置図。1~4階の4つのフロアに外来が分かれます。

b0017546_19313448.jpg

この計画変更は、区の財政にも大変大きな影響を及ぼします。増築や機能向上に係る経費の一定割合を補助するということで、区はこれまで16.5億円の補助を出すと議会で答弁してきました。しかし、今回の計画変更で、この額が30億円にまで跳ね上がることが確実です。倍増、です。
私は、委員会でこの計画変更について異議を唱えました。きびしい財政負担の一方で、区民の医療を守り向上させるという点での配慮が足りないと感じたからです。 (続く)

# by ikejiriseiji | 2017-10-16 19:05 | Comments(0)
順天堂附属練馬病院と地域医療振興協会練馬光が丘病院。練馬の地域医療の「中核病院」と位置付けられたこの二つの病院を巡って、大きな動きが進んでいます。まずは、順天堂。
順天堂練馬病院は、現在、400床。病床稼働率は97%に達し、増床を求める声は様々な方面から寄せられてきました。問題は、用地。現在の敷地ではこれ以上の増床は無理ということで、紆余曲折ののち、石神井東中学校の校庭の一部を含めた土地のやり取りで笹目通りの向かい側に新たな建物を建て、そこを病院の一部とすることで話が進んできていました。

b0017546_19312857.jpg
(9.28区議会医療高齢者等特別委員会資料より。以下、同じ)

左側の大きな四角が1号館。現在の病院建物です。4号館とあるのが、新しい病院の建物。もともとは石神井東中の体育館などがあった場所ですが、その土地を中学校北側に順天堂が持っていた土地と交換し4号館を建てることになったのです。
2号館は、現在は事務室や会議室などの事務管理スペースとして使われています。1号館と2号館は区が設置した歩道橋(練馬高野台いきいき歩道橋)でつながっています。この2号館とさらに連絡通路で4号館につながるという配置です。
順天堂の90床増床計画は、議会としては、すでにおおむねの合意と判断を重ねて既定の事業でした――少なくとも8月までは。ところが、9月になって、90床の増床計画の大幅な見直し案が飛び出したのです。(続く)

# by ikejiriseiji | 2017-10-13 19:42 | 健康・医療 | Comments(0)
練馬区の健康推進課が“健康管理アプリ”の運用を始めます。健康に関わる情報提供や個々人の健康管理を支援する機能を盛り込んだアプリということで、「ねりまちてくてくサプリ」という名前です。運用開始は11月1日。
アプリ自体は、よいと思います。機能も効果も、検証は必要でしょうが、スマホのアプリというツールを活用していくのは大切なこころみだと思います。
問題は、このアプリの登録推進キャンペーンです。

登録を促すためにと、区は、こんなことを計画しました。
・アプリをダウンロードした区民の中で、抽選で3,000人にキャンペーン用品を贈る。
・キャンペーン用品は、血圧計、塩分計、スポーツアームバンドスマートフォンケース
キャンペーン用品のために、1,100万円の税金が使われます。1つ3,000円以上もするプレゼント、ということです。すごい…

なぜこんなにたくさんの税金を使って、プレゼントをする必要があるのか??
私が聞いたところ、担当課長は「民間企業でも登録推進にプレゼントを出すことはある」と。ん? そりゃ、企業ならアプリ登録で何らかの収益を得るんだから何の不思議もない。区は違うでしょ??
課長の答弁ではまずいと思ったのか、すぐ部長がフォロー。「登録を促すことで、その後のアンケートをしっかり取り組みたい」と。つまり、キャンペーンで登録を促すのはアンケートにつなげるためだ、と。「1年後に健康グッズの利用状況も含めた健康に関するアンケートを実施する」ということだそうです。
まあ、課長の答弁よりはいくらかましですが、しかし、申し訳ない。これも笑止千万。何より、このキャンペーン期間中の登録目標は5,000人。つまり、5,000人の登録のために3,000人に贈り物を用意するというのです。抽選とはいっても、2人に1人以上が当たるという何とも太っ腹の抽選です。
もし、キャンペーン用品それ自体に区が高い関心を持っていて、その使い勝手や評価をもとに、これらの商品を区としてあっせんするとか補助するとか、そんなことまで考えているのなら、また話は別です。しかし、違います。あくまでアプリ登録のキャンペーンです。アプリが効果的で必要だと思えるなら、区民は、ちゃんと使ってくれるはずだ――区は、そうは考えなかったようです。プレゼントという“エサ”がないと登録が進まない…しかし、そんなことで登録してくれた人が、どこまでこのアプリを活用するでしょう?
「これは、行政の仕事としての正道ではない」と、私は発言しました。正道ではありません。邪道です。

ちなみに、キャンペーン用品に使われる税金1,100万円は、区の独自財源。都や国からの補助金は一切入ってこないとのこと。貴重な税金を、しかも1,100万円も、アプリの登録を広げるために、3,000/5,000というすごい確率でばらまくなんて、私には信じられません。よほどお金が有り余っているのか? 健康部には、もっと他に、本当に切実で、本当に大切な税金の使い道があるんじゃないですか?

# by ikejiriseiji | 2017-10-08 18:16 | 健康・医療 | Comments(0)
胃がん検診、受けていますか? バリウムの白い液体を「げっぷをせずに!」と言われながら飲み、そして検査台に乗り、上に下に、右に左にぐるぐると回転させられる、あの検査です。
私は、もうここ何年か受けていません。バリウムもつらいし、あの検査台での“力技”の体位変換もしんどいし、医療被ばくのことも気になっていたからです。1回のバリウム検査で受ける被ばくの実効線量は数mSv~10数mSvと言われます。通常の胸部レントゲンX線撮影での被ばく量の数十倍から百倍くらいの値です。もともと胃がんの集団検診については、がん死亡率の低下につながるエビデンスを巡って様々な議論があり、一斉集団検診をやっているのは日本だけという話もあります。
がん検診が効果的で必要であるとしても、もう少し被験者の負担が少ない方法がないのか? そんな思いで注目してきた胃がん検診での内視鏡検査導入の動きが、ここに来て大きく進みつつあります。
昨年、厚生労働省ががん検診ガイドライン (がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針) を改定。胃がん検診の項目として、内視鏡検査が正式に位置づけられました。そして、これを受けて、練馬区でも「がん検診・生活習慣病対策検討委員会」で胃がん検診の在り方についての検討が進められ、来年度2018年度から内視鏡検査を導入する方向が示されたのです。

b0017546_16072881.jpg
上の資料は、区の検討委員会で提出されたものです。国のガイドラインに沿って、2年に1回。来年度、つまり2018年度からモデル事業として胃がん検診に内視鏡検査が導入される――決算の質疑の中でも、所管課はこの方針を確認しました。大きな転換です。
もちろん、このモデル事業では、内視鏡検査を受けられる人はごく限られています。検査体制、経費など、課題も多くありますが、検査の在り方や意味を見つめ直すきっかけとしても、ぜひこの動きを進めていきたいものです。

# by ikejiriseiji | 2017-10-03 17:56 | 健康・医療 | Comments(0)
西武新宿線の連続立体交差事業が、新たな段階に入ろうとしています。
連続立体交差事業(連立事業)というのは、鉄道の立体交差化と道路整備を一体的に行い、踏切などの交通課題やまちづくりを進めようというものです。もう50年近くも前に、当時の建設省と運輸省が協定を交わして以来、特に都市部の鉄道・道路事業の主要な手法として使われてきました。
練馬では、この間、西武池袋線で連立事業が行われてきましたが、高野台~大泉学園駅間が今年3月に完了。舞台は、西武新宿線の方に移っています。西武新宿線では、中野区間(中井~野方駅間)が現在、事業中です。それに続く野方~井荻区間、井荻~東伏見区間がいつ動き出すのか。とくに後者は、上石神井や武蔵関という練馬区内の駅を含み、区も区議会も、そして地域の区民の皆さんも、たいへん関心の強いところでした。
この西武新宿線の野方以西について、国交省がこの3月、着工準備採択という手続きを行ったことがわかりました。野方~井荻、井荻~東伏見の二つの区間の同時採択です。
     ※下の表は国土交通省が2017年度に予算化した事業のリストから。
b0017546_11022247.jpg

着工準備採択というのは、事業認可と補助金交付の権限を持つ国が事実上のゴーサインを出し、法的な手続きのための関係者の協議が始まる節目の手続きです。これを受けて、今、東京都、西武鉄道、関係自治体は次の手続き、都市計画決定に向けた検討を進めています。
b0017546_11020892.jpg
実は、新たに準備採択された区間は「高架」になるのか、「地下」になるのかも決まっていません。立体交差には、鉄道を上にあげる「高架」でもできますし、地下にトンネルで通すやり方もあります。西武池袋線は今のところすべて高架方式ですが、新宿線の中野区間は実は地下方式です。
鉄道が高架になるのか地下に入るのかは、たいへん大きな選択です。この点での議論は、少なくとも練馬区議会のレベルではほとんど進んでいませんが、地域も巻き込んで大いに検討の視野を広げたいところです。

# by ikejiriseiji | 2017-09-22 20:58 | 緑・まちづくり | Comments(0)
練馬区が「独立70周年」を記念し、練馬区在住の絵本作家 のぶみさんと共同で制作した『I Love 練馬あるある』。今年度の広報キャンペーンとして博報堂に委託して動画版を製作、さらに産業振興公社から本としても出版されることになったもので、マスコミなどでも紹介され、区民の間でも話題になりました。
     ➡練馬区の公式Hpから、こちらで動画がご覧になれます

この『練馬あるある』、動画(絵本)の最初に出てくるのが、こんなフレーズです。
「板橋区には何となく勝てそう 港区には勝てる気がしない」
このフレーズについては、私も気になっていました。なんだか、違う。シャレたセンスに口元が緩む、「あるある」と膝を打つ、そんなフレーズじゃない…
練馬区議会、一般質問の3日目、生活者ネットのやないさんがこのフレーズについて取り上げました。
「練馬区が『勝つ』とはどういうことを指すのか。友だち同士のおしゃべりならともかく、行政が勝ち負けを笑いのネタにして区をアピールすることからは、さまざまな人が共に生きる区政を推進する姿勢は感じられません。」
やないさんはこう区長の考えをただしたのですが、区長の答弁は何とも違和感の残る、あえて言えば不快なものでした。(録音から起こしたもので、正式な議事録ではありません)

区長 お答えします。『練馬あるある』についてであります。ねりまあるあるは区民の皆様とともにしたい、わがまち練馬の愛情、愛着を斬新なアイデアで表現したものです。担当課のセンスの良さに感心しましたが、予想通り区の内外で好評いただきました。大成功だと思っております。一昨年、健恋7係のキャンペーンに際しても差別だと的外れな指摘をした方がいましたが、今回も同じであります。失礼ながら、ウイットやエスプリを全く理解をされていない古めかしい感覚には驚くばかりであります。区民の皆さまはそうではありません。ユーモアあふれる内容にほっこりして、練馬が大好きになった。区の楽しい情報を多くの人に知ってもらえて嬉しいといったご意見を多数いただいています。絵本も好評です。板橋区長からは、大変面白い企画だと思う。こうしたユーモアをもって、お互いにやり合うようにしたいと話がありました。また、新聞五大紙をはじめ、テレビやラジオでも自治体の新しい取り組みとして、好意的に紹介されました。広報の専門家からも、郷土愛をくすぐり、区民の心を一つにまとめることに、一役買っているといった評価を受けています。まさか、この練馬区議会で大真面目にこのような質問をいただくとは思ってもいなかったので、心底びっくりしています。残念であります。私からは以上であります。

『あるあるキャンペーン』の当該のフレーズについて、やないさんが指摘した疑問の声は私の元にも少なからず届いていました。もちろん、好意的に評価する声もあるでしょうし、区長のもとにそうした声がたくさん届いているのかもしれませんが、しかし区長が言うようには感じなかった人がおり、批判的な声があるのも間違いのない、大切な事実です。評価や立場が違ったとしても、乱暴に排撃したり、尊大に見下げたりしてよいことではありません。
やないさんの名誉のためにあえて付け加えておきますが、質問は、内容も口調も、とても誠実で真摯な姿勢のものでした。それに対する、区長のこの答弁。言いたいことはふつふつと出てきますが、今は、一言、情けない。

# by ikejiriseiji | 2017-09-13 17:56 | 議会 | Comments(0)
日曜日、上石神井で区政報告会を開きました。小さな会場でしたが、20人以上の方が来てくださり、とても活発な意見交換の場となりました。ありがとうございました。
今度の土曜日は、武蔵関の駅近くでやります。関町地域のまちの変容とまちづくりの現状を拾いながら、お話をしたいと思っています。関町や立野町方面は、練馬の中でも、特に緑が豊かで、素敵な景観が広がる地域です。しかし、この地域では今、急速に緑が失われています。2007~2012年の5年間では、この地域の大半の町丁目で緑被率はむしろ増えていました。ところがその後の5年間で見ると、すべての町丁目で、緑被率は減少しています。もっとも減少が激しい関町南3丁目は、この5年間に6%以上も減っています。すさまじい、と言ってよい減り方です。

b0017546_20443056.png

まちの姿が、大きく、激しく変わりつつあります。同じような傾向は、例えば大泉学園町や西大泉などでも顕著です。宅地化と開発の波が広がっていることと、もちろん、深く関連しているはずです。そして、この波は、「利便性の高い都市」「都市計画道路などの都市基盤の整備」を強く指向する前川区政のもとで、これから、確実に高くなっていくでしょう。
それでいいんでしょうか?
今度の土曜日は、武蔵関駅周辺の「まちづくり」の動きも視野に入れながら、この地域のこれからを考えてみたいと思っています。関心のある方は、市民の声ねりま siminnokoe@nifty.com または03-5933-0108までご連絡ください。


# by ikejiriseiji | 2017-09-11 20:58 | 緑・まちづくり | Comments(0)

「関東大震災」のこと

今日は石神井地区祭の日だったのですが、あいにくの雨で順延に。準備のお手伝いをと思って早起きしていたので、更新が滞っていたブログの記事を書く時間ができました。
昨日9月1日、1923年の関東大震災から94年になりました。私はもともと九州・福岡の生まれ。関東大震災はかすかに歴史の教科書で知った程度でしたが、東京に来て、この地の歴史と社会の中に残る深く鋭い記憶に接することが多くなりました。そんな中、ずっと訪ねたいと思っていた場所、両国の都立横網町公園に行くことができました。
かつて陸軍被服廠があったこの公園は、関東大震災の犠牲者を慰霊する象徴的な空間でもあります。
「都立横網町公園は慰霊の公園です。
大正11年(1922)東京市は、陸軍被服廠の移転に伴い跡地を買収し、公園の造成を進めていましたが、その最中に発生したのが関東大震災(大正12年9月1日)でした。周辺の人たちが家から布団や家財道具を持ち出し、この地に続々と集まったのです。
しかし、この地にも強風にあおられた炎が四方から迫り、その火の粉が家財道具などに燃え移りました。激しい炎は巨大な炎の竜巻、火災旋風を巻き起こし、一気に人々を飲み込みました。この地だけで、3万8千人もの尊い命が失われたのです。」
                (東京都慰霊協会 横網町公園管理所のHpより)
公園には、慰霊や祈念のための様々なモニュメントや施設があります。その一つ、復興記念館にも入ってみました。

b0017546_06510911.jpg


1931年に建てられたという、風格のある建物。被災の状況や当時の市民の姿などを伝える展示は、とても興味深いものでした。あの時も、火災だけでなく大きな津波も起きていたこと。大震災から得られたまちづくりの教訓。復興に取り組む庶民の姿。そして、震災の中で起きた朝鮮出身の人々などに対する虐殺事件のこと…。
展示の中には、「有りもせぬことを言い触らすと処罰されます」という警視庁の通知もありました。たくさんの朝鮮人、さらには社会主義者などが、「流言飛語」に惑わされた人々などによって命を奪われた事実は、私たち都民が直視することを忘れてはならない歴史です。

b0017546_06512040.jpg

大震災のあった9月1日の記者会見で、小池都知事が「虐殺」が起きていたことそれ自体をすら率直に認めようとしなかったのには大変驚きました。虚心に歴史に向き合うことは、今に生きる経験に豊かに学ぶための大切な原点であると、私は思います。


# by ikejiriseiji | 2017-09-02 07:14 | その他 | Comments(0)

「国」って、なんだろう

26日夜、市民の声ねりま平和フォーラム企画の一つとして、《国ってなんだろう ~早尾貴紀さんと語るこの国の今と未来~》を開催しました。主催者としては、これぞタイムリー、平和と戦争を語るならこの問題抜きにはできない! と企画したものではありますが、なんといってもちょっと地味で難し気なテーマ、どのくらいご参加いただけるか心配でもありました。でも、案ずるより…です。60人を超える方がご参加、真剣に講師・早尾さんの話に耳を傾け、的確な質問をたくさん出して頂きました。意義ある企画になったと思います。
そもそも、国ってなに? 「日本」とか「日本人」って、なに?
少なくとも歴史的に振り替える限り、日本という国が成立したのは旧来の幕藩体制に終止符を打ったいわゆる明治維新の時であること。「日本人」というものが法律上、生まれたのは、明治初期の壬申戸籍に登録されたときであり、しかも、その時国民となる“資格”を持ったものはその時に国の統治下にあった領土に現に住んでいた人々であって、当然ながら、それらの人々の出自も来歴も問われなかったこと。そして、それ以来のわずか150年ほどの間にでも、国境も、領土も、国民の定義も範囲も、激しく移り変わってきたこと…。こうした歴史的な事実を再確認することだけでも、「国」に対する私たちの認識や意識はずいぶんと変わるはずです。
もともとはアラブやユダヤの問題などを専門とする早尾さんのお話は、かなり専門的なところもあり、市民感覚に照らしながらわかりやすく「国」のことを話題にしていくという点では不十分なところもあったかもしれません。この辺りは、これからも機会をとらえて補っていければと思います。
参加してくださった皆さま、ありがとうございました。

b0017546_12501556.jpg

# by ikejiriseiji | 2017-08-27 12:51 | 市民の声ねりま | Comments(0)
戦時中、子どもたちが遊んだ双六をもう一つ。
b0017546_09524746.jpg
こちらは、大木合名會社という薬問屋が宣伝用に作成したもののようですが、タイトルは『無敵少年荒鷲空爆双六』。途中途中で「南京にバクダンを落とす」という指示があり、上りは南京陥落。内容からすると、1937年に配布されたのでしょうか。
戦争の性格と、戦争に国民が動員されていく空気が、伝わってきます。

# by ikejiriseiji | 2017-08-22 10:07 | 市民の声ねりま | Comments(0)

練馬区議会議員・池尻成二


by ikejiriseiji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31