区長選での「政策」から ~⑤公開質問に答えて(その2)~

 区長選にあたって、ねりま九条の会と差別反対東京アクションの2つの団体からも、「アンケート」という形で質問を頂戴しました。以下、頂いたご質問と私の回答です。ねりま九条の会のものは、他の候補のものも含めて回答が同会のホームページ(こちら)にも掲載されています。差別反対東京アクションのアンケートは告示翌日の14日に発送されたもので、選挙の実務に取り紛れてしまい、回答をメールでお返ししたのが投票日当日になってしまいました。投票行動に活かすというアンケートの趣旨にかなわぬ形になってしまいましたが、こんな回答をお出ししたということでご報告させていただきます。
ねりま九条の会アンケートと回答
1.特定秘密保護法を廃止すべきと考えますか
・廃止すべきだ
・報道の自由を含め、表現の自由を侵害するとともに、国民主権の基本を掘り崩す危険な内容を含んでいると考えます。
2.集団的自衛権行使は憲法違反と考えますか
・憲法違反である
・現憲法は個別的自衛権についても、そのあり方、使い方の可否について重い制約を課しており、集団的自衛権については憲法上、認められないという旧来の政府見解を踏み越えることは許されない。
3.憲法9条は
・守るべきである
・武力、軍事力に依拠して国際的な平和と共存を図ることはますます困難に 思えます。九条は、日本の国と国民が依拠すべき原則、指針としてしっかり堅持されるべきです。
4.原発をやめるべきと考えますか
・廃止するべき
・廃止の意味によりますが、すべての原発の再稼働に反対します。廃炉については計画的、段階的に進めるしかないと考えます。
5.完全武装の自衛隊員が荒川から練馬駐屯地まで市街地行進をして騒然としたことがありますがどう考えますか
・好ましくない
6.はだしのゲンの自由閲覧が問題になっていますが、あなたはどう思いますか
・自由閲覧をさせるべき
 続いて、差別反対東京アクションのものです。
差別反対東京アクションからのアンケートと回答
1. ヘイトスピーチを行っている「在日特権を許さない市民の会」という団体を知っていますか?
はい
2. 彼ら関連グループが練馬区内で街宣・デモ行進等をしていることを知っていますか?
はい
練馬区内で開催された写真展に対してアクションがあったことを承知しています。

3. ヘイトスピーチには区長が明確な姿勢と、リーダーシップを示すことが必要ではないか?
はい
4.先進的な自治体では、差別団体への公共施設の貸出拒否を実行しているが、練馬区では同様の措置を検討すべきと考えるのか?
具体的な規制の基準、方法等、検討すべき課題はあると思いますが、公共施設貸出の基本的な理念や目的に照らして貸し出しの可否も含め検討すべきと思います。
5. 上記回答1~4への補足、差別問題に対する考えがあれば自由に記載されたし。
ヘイトスピーチは区民の基本的な人権に対する重大な侵害となるものであり、「多文化共生」の取り組みを進めるべき立場からも、区長として責任ある対応が求められる課題だと思っています。
 おおやけにお尋ね頂いた政策に関する問いは以上です。選挙にあたって公表した政策、これらの質問に対するお答え、さらにはそれ以前に区議会議員として取り組んできた課題や政策は、これからも私の政治活動の中で大切にしていきたいと思っています。区議会議員を辞して臨んだ区長選に敗北し、今は公的な立場を持たない一市民となりましたが、区政に対してはこれからもしっかりと向き合っていくつもりです。一歩後退二歩前進、です。どうぞよろしく!
by ikejiriseiji | 2014-05-03 11:52 | 選挙 | Comments(0)

練馬区議会議員・池尻成二


by ikejiriseiji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30