都知事選挙を終えて

東京都知事選挙は、小池百合子候補の大勝に終わりました。市民の声ねりまは、鳥越俊太郎候補を応援し、都知事選としてはかつてなく力を入れて取り組みましたが、悔しい結果となりました。
小池さんは、練馬・豊島を地元として議員活動を続けてきた人です。女性の候補ということが大きな魅力となった、組織に頼らず、自民党と闘う姿勢が共感を呼んだ…いろんな勝因が考えられます。しかし、小池さんは安倍政権、アベノミクスを、常に、また強く支持し続けてきた人です。結局、自民党を離党もせず、自民党もまた、いまだ彼女にどんな処分も出していません。彼女が振りまいたイメージは、なかば虚像です。
小池さんは、とてもタカ派的な言動をしてきた人です。憲法「改正」を進める日本会議を支援する国会議員の会の副会長。そして、「核武装」発言…こうしたものが、政治家・小池百合子のもう一つの“素顔”です。都民は、その“素顔”を知りつつ小池候補に一票を投じたのか? そうではないでしょう。たくさんの“無党派層”が、それどころか民進党や共産党の支持者までが、多数、小池さんに票を入れています。都政の闇にうんざりし、組織政党の姿に愛想をつかした都民の空気を拾いながら、小池候補は選挙のためのイメージ作りに見事に成功しました。


鳥越候補は、負けました。野党が分裂せず、一つにまとまった。自民党が逆に分裂し、党の組織までガタガタした――千載一遇のチャンス、そう思った人は本当に多かった。しかし、勝てませんでした。告示ぎりぎりの立候補ということもあり、多様な政党、そして市民をまとめ引き付けていく強いメッセージやイメージを作り出すことができませんでした。
鳥越さんを推薦した4つの政党は、先の参院選で合わせて248万票を集めました。鳥越さんの票は、その半分をわずかに超えただけ。1+1が3にも4にもなるのではなく、逆に2にすら届かなかったのですから、勝てるはずはありません。
小池の大勝と、鳥越の敗北。アベノミクスを推進する知事に導かれた都政が、都民の暮らしや権利に何をもたらすか、とても心配です。しかも、東京から改憲の流れを止めたいという鳥越さんの思いとは裏腹に、首都・東京は“改憲派”知事を担いでしまいました。
都知事選の結果は、大変厳しいものです。誠実に野党共同のために、そして野党と市民が広く協力するために努力したたくさんの人々の姿は、この選挙の貴重な成果です。この成果を確かな力に変えるために、私たちは、粘り強い対話と地道な努力を続けます。何より、地域に根差し、市民に開かれた政治の推進力となれるよう力を尽くします。
17日間の選挙戦、本当に熱心に、寸暇を惜しんで奮闘されたすべての皆さん、お疲れさまでした。私たちは負けません。

by ikejiriseiji | 2016-08-02 13:25 | 選挙 | Comments(0)

練馬区議会議員・池尻成二


by ikejiriseiji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30