カテゴリ:その他( 117 )

区議会第2回定例会は、今日の本会議でいくつかの議案を先議として処理したのち、明日から事実上の“休会”に入ります。都議選があるからです。都議選の投開票の翌日から、人事と議案の最終的な議決の日程に入ります。
本会議終了後、議員の皆さんがさっそく散っていった後、控室で『区議会だより』のバックナンバーをめくっています。1974年7月14日。臨時号です。
b0017546_17435579.jpg
1960年代から70年代にかけて、区長「公選」は、区議会、区民の悲願でした。当時、区長は都知事の同意を得て区議会が選ぶことになっていました。戦後の憲法で自治体の議員は「直接選挙で選ぶ」とされたのに、23区は都に従属したまま、区民は区長も選べない。1947年、板橋区から分離して23番目の区として誕生した練馬区ですが、自治体として真の意味で“独立”したのは、この区長公選を獲得した時だと言うべきかもしれません。

by ikejiriseiji | 2017-06-22 18:31 | その他 | Comments(0)
関越「高架下」施設訪問の続きです。
私たちが施設を視察したのは1日です。この日はまだ、開館当初ということでシルバー人材センターの方が交通誘導や安全管理に立ってくれていましたが、連休までだとのことでした。来館者の安全管理は、大きな宿題だと痛感しました。
少し、写真で紹介します。
まず、こんな感じの“箱”が並んでいます。Aと書かれているのは、はつらつセンターの建屋です。
b0017546_17402246.jpg
これは、敷地内に設けられた利用者の通行用の空間、プロムナードです。高架の下にずらっと並んでいるのは、街路灯です。
b0017546_17401983.jpg
最後に、こちらの写真ははつらつセンターの東端近くから、西側・学園通りの方を見通したものです。この区間に、一つも横断歩道がありません。
b0017546_17402410.jpg
施設のハード面に限定してみても、「高架下」の課題と限界がどうしても見えてきます。しかも、この施設の整備にあたっては、そもそも「高架下」はどうあるべきかという基本的なところから、沿線住民を中心に強い異論、批判が繰り返し出されてきました。結局、施設開設を迎えてなお、住民合意は極めて不十分なままであり、占用許可処分の取り消しを求める裁判が今も続いている状況です。あらためて、「高架下」活用はこれでよかったのかという思いを禁じえません。
施設のソフト面、つまり実際の施設運営は、はつらつセンターは社会福祉事業団、リサイクルセンターはアクティオ・練馬共同事業体に任されています。それぞれの施設の管理者ともお目にかかりました。せめて、施設が背負っている制約と課題をしっかりふまえ、地域の理解と評価を得るための努力を重ねてもらえればと思います。

by ikejiriseiji | 2017-05-09 18:20 | その他 | Comments(0)
関越自動車道「高架下」の占用許可を得て、練馬区が整備を進めてきた高齢者センター(「はつらつセンター」)とリサイクルセンターが4月20日に開所しました。先日、同僚の岩瀬議員と施設を訪ねました。
新しい施設です。当然、きれいですし、目新しいアイデアもあります。しかし、いかんせん、やっぱり「高架下」です。
「高架下」ですから、当然ながら、施設には直接、光が入らないし、全体にうす暗い感じは避けられません。道路沿いに設けられた敷地内の空地(プロムナード?)にはたくさんの街灯が立てられましたが、そうせざるを得ないところがあるのでしょう。
「高架下」ですから、クレーンを立てて工事するわけにもいかず、重機の仕様も思うに任せなかったのかもしれません。そもそも、たくさんの橋脚を避けながらの建物です。色々と工夫もしたのでしょうし、かかった工事費はこの二つの施設を中心とした区画の部分だけで15億円を超えていますから、大変な金額ですが、しかし、建物の基本構造は四角の箱を並べただけ。耐震性等々はしっかり考慮されているとしても、表面的な印象はプレハブを想起させるところがあります。
そして、「高架下」ですから、1階建ての建物しか入りません。床面積をしっかりと取るために、文字通りウナギの寝床のような細長い建物になってしまいました。二つの施設はこんな感じです。(練馬区資料より)
b0017546_17065579.jpg

b0017546_17065080.jpg

上がはつらつセンター(高齢者センター)、下がリサイクルセンター。この平面図だけでは実感がわきづらいですが、建物の端から端までの距離ははつらつセンターが74m、リサイクルセンターは何と125mもあるのです。とにかく長い。こんな横長の施設が、使い勝手がよいとはとても言えません。
しかも、もう一つ。「高架下」なので、当然、施設の両側は側道が走っています。側道といっても、目白通りの抜け道のようになっていて、けっこうな交通量です。二つのセンターとも、この側道を渡らないと施設に入れないため、安全管理が繰り返し議論になっていました。しかし、結局、側道には新たな横断歩道の設置はなし。もちろん、信号の設置もなし。二つのセンターの正面玄関は、“ウナギの寝床”の真ん中あたりにあるのですが、その正面玄関の前には歩道がありません。う~む、これでいいんだろうか…。 (続く)

by ikejiriseiji | 2017-05-09 17:43 | その他 | Comments(0)

「教育勅語」答弁書

政府が教育現場で「教育勅語」の利用を認める閣議決定をしたという報道を受け、議論が広がっています。時代が時代だけに、また安倍政権の政治的思想的な傾向を考えれば、たいへん気になる報道です。ただ、この「決定」そのものをなかなか確認できずにいたのですが、ようやく入手することができました。
もともとは、民進党の初鹿衆議院議員が提出した質問主意書に対する答弁書です。したがって、何を、どう聞かれたのか。まずはここをきちんと確認することが必要です。質問主意書については、すでにその全文が衆議院のホームぺージ上で公開されています。


「教育勅語の本文をそのまま教育に用いることは憲法上認められない」「教育勅語本文を学校教育で使用することを禁止すべき」という立場から質問をしています。私見をはさめば、あまりよい聞き方とは思えないのですが、いずれにしても、問題の「閣議決定」がこうした質問に対する答弁としてなされたものであることは押さえておいた方が良いと感じます。
以下、質問と答弁を採録します。(青字が質問、赤字が答弁)

一 衆議院の排除決議において、教育勅語の根本理念が「主権在君並びに神話的国体観に基いている事実は、明かに基本的人権を損い、且つ国際信義に対して疑点を残すもととなる」として、この排除と指導原理的性格を認めないことが宣言されています。政府は教育勅語の根本理念が「主権在君」並びに「神話的国体観」に基づいているという決議の考えを現在も踏襲しているのでしょうか。

一について お尋ねの「決議の考えを現在も踏襲している」の意味するところが必ずしも明らかではないが、御指摘の「教育勅語等排除に関する決議」は、「教育勅語…その他の教育に関する諸詔勅…の根本理念が主権在君並びに神話的国体観に基いている事実は、明かに基本的人権を損い、且つ国際信義に対して疑点を残すもととなる。よって憲法第九十八条の本旨に従い、ここに衆議院は院議を以て、これらの詔勅を排除し、その指導原理的性格を認めない」ことを宣言したと承知しているが、教育に関する勅語については、昭和二十三年六月十九日の衆議院本会議において、森戸文部大臣(当時)が「教育勅語その他の詔勅に対しましては、教育上の指導原理たる性格を否定してきたのであります。このことは、新憲法の制定、それに基く教育基本法並びに学校教育法の制定によって、法制上明確にされました」と答弁しているとおりであると考えている。

二 松野博一文部科学大臣は、記者会見において「憲法や教育基本法に反しないように配慮して授業に活用するということは、これは一義的にはその学校の教育方針、教育内容に関するものでありますし、また、教師の皆さんに一定の裁量が認められる」と発言し、その後の国会質疑でも同様の答弁を繰り返しています。
 衆議院の決議を踏まえれば、教育勅語は「民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ」などの現在でも守るべき徳目が記載されているとはいえ、根本理念が基本的人権を損ない、国際信義に疑点を残すものであり、教育勅語の本文をそのまま教育に用いることは憲法上認められないと考えますが、政府の見解を伺います。

二について お尋ねのような行為が憲法に違反するか否かについては、個別具体的な状況に即して判断されるべきものであり、一概にお答えすることは困難である。

三 衆参の決議を徹底するために、教育勅語本文を学校教育で使用することを禁止すべきだと考えますが、政府の見解を伺います。

三について お尋ねの「禁止」の具体的に意味するところが必ずしも明らかではないが、学校において、教育に関する勅語を我が国の教育の唯一の根本とするような指導を行うことは不適切であると考えているが、憲法や教育基本法(平成十八年法律第百二十号)等に反しないような形で教育に関する勅語を教材として用いることまでは否定されることではないと考えている。

四 教育勅語について、稲田朋美防衛大臣は「教育勅語の核である、例えば道徳、それから日本が道義国家を目指すべきであるという、その核について、私は変えておりません」「私は、その教育勅語の精神であるところの、日本が道義国家を目指すべきである、そして親孝行ですとか友達を大切にするとか、そういう核の部分ですね、そこは今も大切なものとして維持をしている」「教育勅語に流れているところの核の部分、そこは取り戻すべきだというふうに考えております」と教育勅語に共感する答弁を行っています。
 閣僚が教育勅語に共感、共鳴、賛意を示す事は、衆議院の排除決議で指摘した国際信義に疑点を残すことに繋がると考えますが、政府の見解を伺います。
五 国際社会において信頼される道義国家であるためにも、国際社会に疑点を残す考えを表明している稲田朋美防衛大臣は罷免すべきだと考えますが、政府の見解を伺います。

四及び五について 御指摘の答弁は、稲田防衛大臣が政治家個人としての見解を述べたものであると承如しており、当該答弁に係るお尋ねについては、政府としてお答えする立場にない。
 稲田防衛大臣については、本年三月二十七日の参議院予算委員会において、安倍内閣総理大臣が「今後ともしっかりと職責を全うしてもらいたい」と答弁しているところである。

by ikejiriseiji | 2017-04-04 21:31 | その他 | Comments(0)
by ikejiriseiji | 2017-03-14 00:13 | その他 | Comments(1)
豊洲の土地の購入にあたって、東京ガスに対して“瑕疵担保責任”を免ずる主旨の話はどこでどう進んできたのか? 先日の百条委員会でも、この点に大きな関心が集まっていました。2011年の「豊洲地区用地の土壌汚染にかかる費用負担に関する協定書」は、「(東京ガス等は)今後、土壌汚染にかかる費用負担をしないことを確認する」としており、事実上、瑕疵担保責任を解除しています。この2011年協定書の内容は、いつ固まったのか。誰が整理したのか。
3月3日、急きょ開催された記者会見で、前川練馬区長はこの問題に触れてこう言っています。

「平成17年の確認書は、民法の瑕疵担保の責任があることが前提として作成されています。…瑕疵担保を免除した協定書を結んだのは、平成23年5月です。私が辞めた6年後です。」
「私が退職したのは平成17年の7月です。その時点では瑕疵担保は、まったく問題になっていませんでした。」

2005年(平成17年)の確認書――前川さんが知事本局長として押印している確認書は「瑕疵担保の責任があることを前提にしていた」。免除したのは2011年だ。そして、2011年の協定書には、自分は全く関与していない。前川さんはこう言っています。
確かに、2011年なら、前川さんは東京ガスに移動していました。少なくとも都の幹部職員として、この年の協定書に関わっていないことは自明です。しかし、2005年はどうでしょう。あるいは、2002年、やはり前川さんが知事本部長として印をついている「合意」はどうでしょう。当時は「瑕疵担保の責任があることを前提にしていた」という前川さんの発言は、正しいでしょうか。
この点で、実は東京都は全く違った見解を公にしてきています。住民訴訟の場で、都はこう言っているのです。(被告側準備書面より)
b0017546_19120063.jpg
おわかりでしょうか。都はこう言っています。平成14年(2002年)の合意で「東京ガスが義務として負うべき汚染対策を『環境確保条例』の限度とすることで合意に至った」と。つまり、裁判の場で都は、瑕疵担保責任の解除につながる合意を、2002年にさかのぼって説明しているのです。都は、同じ準備書面でこうも言っています。

「『14年合意等』において東京ガス等と都が合意した内容は、①市場予定地の売買契約に当たって汚染原因者である東京ガス等が行うべき汚染対策は「環境確保条例」の基準以下とすることに限定されること、及び②東京ガス等が①の汚染対策を実施すれば市場予定地の土壌汚染についての義務を尽くしたことになり、都がその時点の上記汚染対策の実施を前提とする「適正な時価」で東京ガス等の地権者から土地を購入する義務を負うことであることが、合理的に帰結される。」

2002年の段階から、東京ガスの瑕疵担保責任を解除する趣旨で合意が重ねられてて来たことを都は認めています。前川さんの説明とは、ずいぶん、いや決定的に違っている。真実はどこにあるのか? 解明すべき大きな課題です。

by ikejiriseiji | 2017-03-13 19:56 | その他 | Comments(0)
練馬区議会の第1回定例会も、あと3日を残すだけとなりました。まだまだいろいろと懸案が残されていますが、予算審議も金曜日に終了しました。
予算特別委員会の最終日、採決が終わり、正副委員長からご挨拶のあったあと、最後に区長から発言を受けることが慣例となっています。予算が可決されたことへの謝意など、通常は定型的なご挨拶です。例えば、昨年の予算審議の際の前川区長の発言はこんな内容でした。

区長 予算特別委員会の閉会にあたりまして、一言ご挨拶を申し上げます。
委員の皆様には14日間の長きにわたり、平成28年度一般会計予算、各特別会計予算および補正予算につきまして、熱心なご審議をいただきました。審議の結果、いずれも原案どおり可決すべきとの決定をいただきました。厚く御礼を申し上げます。
予算特別委員会は、区民全体の福祉増進という観点から政策を審議する、議会として最も重要な場であります。審議の過程でいただいた貴重なご意見を常に念頭に置きながら、引き続き、「みどりの風吹くまちビジョン」を着実に推進し、区民サービスの向上に取り組んでまいります。
ありがとうございました。

毎年、だいたいこうしたご挨拶です。しかし、今年は違いました。「予算特別委員会は、区民全体の福祉増進という観点から政策を議論する重要な場であります。」と「審議の過程で…」という部分の間に、こんな発言が割って入ったのです。録音から起こしてみました。

にもかかわらず、その場で、執拗に根拠のない発言をされた方々がおいでになります。中にはチラシまで作り、これは私の家にも投函されましたが、区民の皆さまに配っている方々がいらっしゃいます。議員さんとして何を目的に行動されているのか、ひたすら区政と私を貶めることだけを目的としているとしか思えません。
一昨日、石原元都知事が記者会見で、みずからの発言を訂正されましたが、私が3日の記者会見で申し上げた内容を立証する形となりました。私の東京ガスへの再就職についても言及されていらっしゃいましたが、私は、石原知事ご本人から直接、東京ガスへの内示を頂いたのであります。お忘れになったのでありましょうか。また、平成17年の百条委員会事件と一体で理解する必要があることは、本会議で副区長が答弁した通りであります。今後、調査が進むにつれて、私の行動に問題がなかったことがますます明らかになると、私は考えております。

流れからしても内容的にも、とても唐突な発言でした。「執拗で根拠のない」とか「ひたすら区政と私を貶めることだけを目的としている」と、まぁ散々の言い方ですが、そもそも、誰の、どの発言が「執拗で根拠のない」ものであったかは明示されないまま。怒りをぶちまけているだけ、としか聞こえません。
文脈からすると、区長が豊洲のことを念頭に置いていることは想像はできます。豊洲と区長との関わりについては、予算審議の中でいくつかの会派が言及しました。私も取り上げました。私の発言も念頭に置いていらっしゃるのでしょう。それにしても、「執拗で根拠のない」? 「ひたすら区政と私を貶めることだけを目的としている」? はぁ、ちょっとひどいなぁ。

紹介した発言が、予算審議の締めくくりにあたっての区長の発言にふさわしいものだったのか、はなはだ疑問ではありますが、この発言を聞いていて「えっ!?」と思ったことがあります。それは「石原知事ご本人から直接、東京ガスへの内示を頂いた」というくだりです。内示? 東京ガスへの? 「東京ガス執行役員に任ずる」とでも書いてあったのでしょうか。
ここまで来ると、東京ガスへの再就職は石原元知事の命によるもの、ということになります。石原さん、そうなのですか? そもそも都知事が、退職後の再就職に関して「内示」を出すなんていうことがあるのかどうか、教えてください。
石原元知事の「訂正文」については、8日の投稿に書いた通りです。都議会百条委員会の審議でも、2001年以来の土壌汚染対策を巡る都と東京ガスとの交渉の経過に大きな関心が集まっていました。当然だと思います。そして、この交渉を2002年から2005年にかけて引き継いだ幹部の一人が、前川知事本部(局)長でした。すでにテレビ報道等でも、前川氏自身が東京ガスとやりとりをしている記録が残っていることも紹介されています。
「執拗で根拠のない」などと空に向かって怒りをぶちまける前に、もっと誠実に説明したらどうでしょう。区民は、そのことを強く期待しています。豊洲問題は、今や練馬区政にとってどうでもよいことでは決してありません。だからこそ、私は昨年11月の本会議、そしてこの予算審査の中で取り上げたのです。そして今、区として、記者会見を開かざるを得ないところにまで来ました。区長自身が御身の潔白を信じておられるなら、なおさら、もっと「説明責任」ということに意を尽くされた方がよいと思いますよ。

by ikejiriseiji | 2017-03-12 12:04 | その他 | Comments(0)

石原元知事の「訂正文」

石原元知事が、3日の記者会見での発言についての「訂正文」を公表しています。
     →原資料はこちらから

「訂正文」の中では、前川元知事本局長(現練馬区長)の名前を挙げて語った部分についても触れられています。前川区長が、記者会見で“反論”した部分です。2011年には都にいなかったということは周知のことであり、石原さんの勘違いであることは明らかです。問題は、この「訂正文」にある通り、2011年の協定書等は2001年以来の東京ガスとの一連のやり取りの総括であって、その中で節目となった2002年と2005年の文書には前川さんが部(局)長として関わっているということです。
石原さんは、前川区長を百条委員会で呼ぶべきと改めて主張しています。百条委員会かどうかはともかく、前川区長が説明すべきことは少なくありません。
(以下、「訂正文」より)

2 瑕疵担保責任の問題と売買契約や協定書の捺印について、私は、正直あまり記憶がないため、そう申し上げましたが、一部、誤解してお話してしまった部分もあります。
一つは、東京ガスとの用地取得交渉の担当者についてです。
東京ガスとの具体的な交渉は、私の知事就任後は、まずは福永副知事、その後、2000年10月以降は濵渦副知事に担当してもらいました。
濵渦氏から、交渉の細かな経緯について逐一報告は受けていませんでしたが、大まかな話は聞いていたかもしれないということは会見でお話したとおりです。
問題はその後で、私は、濵渦氏の後を前川現練馬区長が引き継ぎ、売買契約までやっているから前川区長に事情を聞けばよいというようなことを申し上げましたが、この点は誤りでした。事前にスタッフからは「前川氏は、東京ガスとの間の2002年合意書及び2005年確認書に知事本局長として押印しているので、東京ガスとの交渉経緯をよく知っているはずだ。その後、2005年7月に退職し、2005年9月、東京ガスに再就職したので、前川氏は売買契約には関係していない。」と指摘されており、また、配布した時系列表にも退職時期を掲載していました。
しかし、会見の際には、東京ガスとの間の上記合意書及び確認書の件と、2011年の売買契約の件とを混同してしまいました。この点、訂正させていただきます。
それはそれとして、前川氏にも是非百条委員会に出ていただくのがよいと思いますし、何故呼ばれていないのかも理解できません。

by ikejiriseiji | 2017-03-08 09:45 | その他 | Comments(0)
前川練馬区長が、かつて都の知事本部(局)長であったとき、豊洲移転問題の中でどんな役割を果たしたのか。石原元知事が記者会見で名指ししたこともあって、注目が集まっています。
この問題での前川さんの反論は、こんな内容です。

知事本局は、都庁内の複数局が関わるさまざまな案件についての調整機能を有していますが、各事業局の実務や決定に立ち入る権限は有しておりません。豊洲の土地売買や土壌汚染の処理に関わる具体的な権限を有するのは、中央卸売市場長と環境局長です。知事本局長には、実務的な処理の権限はありませんし、実際にも、土地売買や土壌汚染の処理についても具体的には一切関与しておりません。知事本局の部課長も、その調整という範囲内での会議に出席したものです。
          (2017年2月13日 練馬区議会本会議での発言)

また、昨年9月に東京都総務局がマスコミの問い合わせに対して出した「回答」から、こうした文章を引用しています。

前川氏は、在職中、東京ガス株式会社に対する行政上の権限を有する業務に従事しておらず、市場移転に係る豊洲地区開発についても、知事本局は事業執行の所管局ではなく、行政上の権限を有していないため、東京ガスは、『在職中の職務に関連するもの』に当たりません。
          (たとえば前川あきおオフィシャルホームページ)

知事本部は2002年に発足し、2004年に局に格上げされています。この知事本部(局)は、あくまで「調整機能」を持つだけであって、実務的な処理権限、行政上の権限を持っていなかった――これが、前川さんの主張です。
確かに、知事本部(局)は具体的な事業を執行・担当する「事業所管局」ではありませんから、その意味では、実際的な行政上の権限、たとえば処分を行うとか、具体的な契約を交わすとか、そうした権限はほとんど持っていなかったかもしれません。しかし、そのことと、都の意思形成、意思決定の中で大きな役割を果たしたかどうかとは全く別なことです。誰もすぐにわかるように、意思の形成・決定は、最終的な権限の行使に先立って、様々な過程を経て進んでいきます。そして、どのような意思が形成され決定されたかが、最後の事業所管の権限行使の前提、条件になることは、行政の世界ではごくごく日常的にあることです。とりわけ、豊洲の問題のように、知事・副知事のトップダウンで動いてきたテーマ、かつ全庁的な対応が不可欠なテーマにあっては、この調整機能こそ決定的な役割を果たしたというべきです。

知事本部(局)の役割、機能、権限を、当の前川さんがどのように語ってきたか。都議会の会議録からいくつか拾ってみました。まず、2004年2月23日、組織改正で局に格上げされた時の前川本局長の発言です。

 知事本部は、都の行財政の基本的な総合調整及び計画、都市外交、報道に関する事務などを所管いたしております。とりわけ、各局との連携を強化し、全庁的な視点に立った調整を行うことが、知事本部の重要な機能であり、各局の事業について必要に応じ、横断的、総合的な調整を行い、都政の方向づけを行っております。
 こうした知事本部本来の役割を一層明確にするため、四月一日付で組織名称を知事本部から知事本局へ変更することとし、そのための組織条例改正案を本定例会にご提案させていただいております。
 また、知事本部が行う総合調整及び計画の中心的な取り組みの一つとして、重要施策及び重点事業の策定を行っております。重点事業は、原則として事業の所管局において予算化しておりますが、まちづくりや治安対策につきましては、新たな視点から事業を構築するため、知事本部においても予算を計上しております。今後、関係各局と調整、連携をとりながら事業を実施してまいります。

続いて、同じ年の10月13日、前川局長自ら局の事業の概要を説明したものです。

◯前川知事本局長 初めに…平成15年度における知事本部の事業概要についてご説明申し上げます。
第一に、都の施策・事業に関する全庁的な企画調整のうち、重要施策及び重点事業の策定についてでございます。
重要施策とは、都政の取り組みの方向を戦略的に示すため、網羅的にではなく、ポイントとなる政策課題を重点的に取り上げ、その解決に向けて、都庁全体で、横断的、総合的に取り組むこととしたものでございます。この戦略的な取り組みを推進するために実施すべき優先度の高い事業を重点事業として選定しております。
次に、各局事業の総合調整でございます。
知事本局は、都の行財政の基本的な計画及び総合調整を所管する立場から、全庁的な視点で各局の事務事業を横断的、総合的に調整し、都政の行政施策の全体的な方向づけを行っております。
次に、行政評価等の実施についてでございます。
都の施策や事業につきましては、不断の検証が必要となりますので、事務事業の必要性や達成度等を総合的に評価いたしております。
第二は、政策の企画・立案でございます。
知事の特命に係る重要な施策の企画、立案、調査及び連絡調整を行っております。また、顧問、参与に関する事務を所管しております。

そのほか、都市外交の推進、政府・近隣自治体との連携、米軍基地対策、首都移転、自治制度改革…と、前川局長が挙げる事業は極めて枢要・広範なものです。
こうした説明を聞けば、知事本部(局)の機能、権限が、少なくとも都の意思形成・決定という側面から見れば、極めて大きなものであったことは明らかです。豊洲移転にかかわる実務的な権限、たとえば土地の売買契約や環境対策の認定などの具体的で直接的な権限を有していないからと言って、豊洲移転や土壌対策に係る都としての方針、施策、評価に関わっていないということには決してならないのです。

前川さんは、意図してかどうかはともかく、ここでは明らかに問題のすり替えをしています。知事本部(局)が与えられた強大な権限を踏まえれば、豊洲移転に関わる大きな意思決定の過程で本部(局)長であった前川さんが負うべき責任は決して小さくないはずです。
前川区長は、昨年11月、本会議での私の質問に対してこう言い放ちました。
「前川区長が『豊洲の土地購入条件に関する東京ガスとの協議に関与してきた』とか、『豊洲移転に深く関わった都側の当事者の一人』というお話は、全くの事実誤認であります。」
みずからの関与がどのようなものであったかは、前川さん自身が語るべきことですが、少なくとも「深く関わった当事者の一人」ですらないなどという強弁は、おやめになった方がいい。私は、そう思います。

by ikejiriseiji | 2017-03-06 23:37 | その他 | Comments(0)
3日の石原元知事の記者会見で、前川区長(元・東京都知事本局長)の名前が飛び出しました。
―以下、産経新聞のWebページより―

(司会) 私から最後に。石原さんは「私が全部しゃべると困る人がいる」というせりふがありましたね。誰が困るんですか。
「私はやっぱり、浜渦君の後継者でね、実際の契約を結んだ人物がいます。この人も転職もせずにいきなり東京ガスの執行役員に転出しましてね。都庁の中でも評判になったようですけれど。」
(司会) いま築地で働いている方に言いたいことは何か。当時の知事本局にいた前川氏という方を、都議会なり、知事が呼んで話を聞けば、交渉の経緯が分かるとお考えか。
「そうですね。前川さんという(東京ガスの)執行役員にも転向した方ですし、浜渦君の後、交渉に携わった方ですし、その人が一番、物事に精通しているのではないでしょうか。」

これを受けて、昨日3日の夕方、前川区長は緊急の記者会見を開きました。その様子も、各テレビ局や新聞が大小報じているところです。前川区長が当時、どのような役割を果たしたのか。その詳細や真偽はまだわかりませんが、しかし、一つだけはっきりしたことがあります。それは、前川区長が、当時の経過や自身の関与について自ら説明する責任を負ったということです。
区長は、昨年11月、私が一般質問でこの問題を聞いた時、本当に嫌な顔をしました――正確に言うと、副区長の口を通して、聞かれること自体が不本意だと言わせました。しかし、もうこうした対応は通用しないでしょう。

2016年第4回定例会の一般質問とその答弁については、区議会の会議録(こちら)で確認できます。また、このブログの以下の記事もご覧ください。

by ikejiriseiji | 2017-03-04 19:49 | その他 | Comments(0)

練馬区議会議員・池尻成二


by ikejiriseiji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30