<   2014年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

中村哲医師(ペシャワール会)の著書『天、共に在り』が、第1回の城山三郎賞(角川文化振興財団)を受賞したとの報告を頂きました。

     ➡ペシャワール会の公式Hp
     ➡2013.10.25のこのブログより 中村哲 『天、共に在り』
この賞は
城山氏が貫いた精神を受け継ぎ、小説、評論、ノンフィクションを問わず、いかなる境遇、状況にあっても個として懸命に生きる人物像を描いた作品、あるいはそうした方々が著者である作品を顕彰するために、2014年度から新たに創設したもの
とのことです。受賞した『天、共に在り』は、今年9月の練馬での講演会でも紹介させてもらいましたが、よい本です。昨年の菊池寛賞に続き、文学との縁のある賞が続いていますが、中村さんの思索が現場の実践を越えた奥行きをはっきりととらえてきていることの証のようにも思えます。
授賞式には参加できなかったそうですが、その時に寄せられたメッセージをペシャワール会の了承を得て紹介させてもらいます。簡潔だけれども語るべきこと語ったメッセージです。

角川文化振興財団、審査員、会場のみなさん
先ず、この席に来られない非礼を、深くお詫び申し上げます。
現在アフガン東部は水利工事の季節で、どうしても現場を離れられない事情があります。冬のこの時期でなければ、河川からの取水工事ができないからです。あまり知られていませんが、今この地の人々を苦しめているのは飢餓で、国民の3分の1に当たる760万人が飢餓線上にあると言われています。
この国の災難は、盛んに報道される戦乱だけではありません。気候変勣のもたらす農地の乾燥化=千ばつが、深刻な影響を及ぼしています。このために流民や飢餓が絶えません。私たちPMS(平和医療団・日本)は、もともと医療機関ですが、飢傲や渇水を薬では癒せません。病の背景に食糧不足から来る栄養失調かあるからです。そこで、この10数年、灌漑事業を中心にした活動が展開されてきました。分けても、大河川からの取水技術の確立がテーマで、これが本日来られない理由です。
言い訳が長くなりましたが、これによって、私たちの「緑の大地計画」の目標、アフガン東部で16,500ヘクタール、60数万農民の生存できる耕作地を確保しつつあります。
日々河との格闘です。人はどこに向かって流れているのか、河の流れを見ながら考えます。現地で30年余、いろんなことがありました。しかし、私たちの仕事には、党派を超え、国境を超え、民族を超え、誰もがうなずく希望があります。
アフガニスタンは日本から余りに遠く、なかなか理解が得られないこともあります。しかし、他人事ではありません。日本白身が大きな矛盾と悩みを抱えています。「9.11」、アフガン空爆、内戦、中東の混乱、金融破綻、大震災――破局への不安と戸惑い、品のない憎悪と暴力の応酬や、経済至上主義が支配する世界です。この中で、私たちの軌跡が一縷の希望を与えるなら、この事業を支え続けた日本・アフガンの良心、民族や宗教を超えた人間らしい願いが、きっと城山さんのお眼鏡にかなったのでしょう。この賞の栄誉は、事業に関わる全ての人々に与えられたものと理解します。
これを励みに、更に力を尽くしたいと思います。
どうもありがとうございました。
                          平成26年12月 ジャララバードにて 中村 哲

by ikejiriseiji | 2014-12-30 11:11 | その他 | Comments(0)
 今年も残すところ2日。あわただしく毎日を過ごしていて、久しぶりのブログ更新です。
 この間、繰り返し取り上げてきた関越「高架下」の問題、12月6日の火災事故を受けてキャンペーンに取り組みます。「高架下」の区民施設は白紙に!――これが、私たちの主張です。何かにつけて「安心・安全」を口にしてきた区政が、こんな事故の起きる真下に高齢者センターなどを作ってはなりません。この問題は、来年4月の区議選の争点の一つになるでしょうし、していかなければならないテーマです。
b0017546_13040507.jpg
b0017546_13040917.jpg


by ikejiriseiji | 2014-12-29 13:08 | 緑・まちづくり | Comments(0)

衆院選-練馬の開票結果

衆議院議員選挙の開票結果、練馬区分を簡単にまとめてみました。過去2回の衆院選の結果と比べてあります。2009年はいわゆる政権交代選挙。そして、2012年は民主党政権に終止符を打った選挙です。
b0017546_14190729.jpg
たったこれだけの表ですが、いろんなことが見えてきます。前回2012年と比べると、いわゆる「第三極」の政党は激しい離合集散を繰り返した挙句、結局、得票数を半減させた。その分の票、約7万票のうち1万票は自民党に“復帰”し、2万票を超す部分が共産党の躍進を支えたが、最大の部分は棄権に回った――とても大雑把にくくってしまえば、こういうことになるでしょうか。
実は、3回の選挙を通して、自民党と公明党の票自体はそう大きな変化はありません。他の票を広く集約できるような環境があれば、小選挙区も含めて自民党が苦戦する可能性はありましたが、現実には、自公以外の票は大きな求心軸を持つことなく、分散し、安倍政権を“とりあえず”信任する結果につながりました。個々の政党の伸長・衰退はそれ自体も意味を持っているはずですが、大局的に見ると、これが今回の選挙結果のように思えます。 
これから最大で4年間、安倍政権がどう動いていくのか、懸念は絶えません。各政党が、そして私たちが、どういう枠組みをつくりながら対抗していくのか、よくよく考えなければならないところに来ています。

by ikejiriseiji | 2014-12-16 14:37 | 選挙 | Comments(0)

“とりあえず信任”…

衆議院選挙が終わりました。自民党の某候補が「熱狂なき圧勝」と言ったとか。
安倍政権与党は、475議席中325を取りました。「圧勝」です。でも、これは“とりあえず信任”かな。積極的でも確信的でも前向きでもない信任。歴史的な低投票率が、最大の民意と言うべきでしょうか。
安倍的なものに対する違和感や疑念、不安が棄権に回ったことは、政治に関わるものすべての総括の出発点だけれど、絶望も楽観もせず、前に進みます。

練馬区民の投票率は54.64%、前回比で約8.7%の減でした。

by ikejiriseiji | 2014-12-15 06:20 | 選挙 | Comments(0)
6日未明に関越道・大泉学園町付近で起きた火災事故、動画がアップされていました。視聴者からの投稿動画ということで、TBSのweb版です。アナウンスによると単独事故のようですが、それでこの火の手。あらためて、恐ろしいと実感します。

     →東京・練馬の関越道で車炎上 TBS News-i
        http://www.realplay.com/channels/tbsnewsi/synopses/76506

※上のリンク先の動画は既に削除されたようです(12/13)

by ikejiriseiji | 2014-12-10 19:29 | 緑・まちづくり | Comments(0)
b0017546_00290969.jpg
燃え上がる炎。
関越自動車道上り車線、大泉学園町4丁目3番付近。12月6日午前0時過ぎ。
隣地の住民「すごい炎が上がり、ドン、ドン、ドンと三回、爆発のような音がした。火の粉が飛び、火事にならないかと心配でとても寝ていられなかった」

翌朝、明るくなって見る。防音壁が二つの大きな区画にわたって、側面から上面まですっかり溶け落ちている。側道には、そこここに溶けて固まった壁の破片が。

b0017546_00291977.jpg
この場所は、あそこです。そう、練馬区が「高架下活用計画」の中で高齢者センターを整備することとしている、ちょうどその場所です。もしセンターの真上でこんな火災事故が起きたら…もしたくさんの高齢者が火の粉の下に置かれたら…想像するだけでも恐ろしい。「安全・安心」をことさらに強調してきた練馬区が、こんなところに区民施設をつくる、わざわざ高齢者を集めてくるなんて、信じられない。いや、許されない。
この火災事故は、本当に、貴重な警告です。区は、立ち止まらなければならない。改めるにはばかることなかれ!

by ikejiriseiji | 2014-12-08 00:39 | 緑・まちづくり | Comments(0)
自宅を出て200mほど西に行くと、外環大泉ジャンクションの道路区域。ついこの間までは家屋が密集していたこの地域、次々と立ち退きが進み、更地となり、道路予定地がまとまった姿を現しつつあります。
それにしても、広い。でかい。何しろ最大で100mにもなるという広幅員の道路事業ですから当然と言えば当然なのですが、いくつもの番地をいっぺんに飲み込むほどの道路ができれば、町の姿は一変します。立ち退きとなった方たちのお顔もたくさん思い浮かぶし、去る方のご苦労も大変なものですが、残る方もまた、大変です。
東京オリンビックまでに完成させるために、工事は文字通りの突貫になりそうで、工期短縮のあおりを受けて例えば工事車両の1日当たり台数が激増するなど、住環境や日常生活への負荷は並大抵のものではなさそうです。国の資料では、当初は1日当たり最大で2,700台だったものが6,800台にまで激増してしまいました。
b0017546_10225730.jpg
6,800台というのは、本当にすさまじい数字です。12時間稼働としても600台/時近く、毎分10台です。おそらくは、ほとんどは土砂を運び出すダンプでしょう。これだけのダンプがあの狭いエリアを走り回る姿、ほとんど想像を超えていますが、しかしよほど真剣に対策を講じなければ大変なことになることだけは間違いありません。

来年4月は区議会議員選挙。外環対策は、私にとって大切な宿題の一つです。
b0017546_10234136.jpg


by ikejiriseiji | 2014-12-05 10:25 | 緑・まちづくり | Comments(0)

練馬区議会議員・池尻成二


by ikejiriseiji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31