<   2015年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

5月も20日を過ぎ、区議選から早1か月が経とうとしています。少し時機を失してしまいましたが、区議選の得票率を過去からの推移の中で整理してみました。

b0017546_15572131.jpg
得票率は、投票総数に対する割合で示してあります。ここに書いた政党・グループのほかにも選挙に参加した政党はありますが、選挙のたびに離合集散、党名変更が入っていたりして省略してあります。また、無所属の議員もここでは紹介していません。
自民党は、1990年代、大きく議席も得票率も後退させてきましたが、ここのところ回復基調がはっきりとしている感じです。その他の政党についても、停滞気味のところ、退潮が続いているところ、それぞれですが、10年以上の期間にわたってみると傾向というものがわかります。
市民の声ねりまは、大きく得票率を増やすことができました。あらためて責任を痛感します。議会は、新議会発足に向けて主要会派による世話人会が行われています。初登庁、議員総会は6月1日。いよいよです。
by ikejiriseiji | 2015-05-21 16:04 | 選挙 | Comments(0)
4月の選挙で選ばれた区議会議員の任期は、5月30日から始まります。練馬区議会としては18期になります。

新しい議会の発足に向けて、13日までに会派結成届を出すことになっていました。議会においては、一般に、主張や政策を共通する議員が「会派」をつくり、この会派を単位として議会の組織や運営が進められていきます。会派は「政党」を基礎に作られることが多いですが、地方議会の場合は政党に属していない議員も多く、また、政党の枠組みとは異なる連携や協力が図られることも珍しくありません。
私は、これまで一人の会派として行動したときもありましたが、他のグループや党派の人と共同会派を作った時期もあります。昨年4月に議員を辞職するまでも、生活者ネットワークの皆さん、そして加藤木議員(市民ふくしフォーラム)との5人で共同会派を作ってきました。5人になることで幹事長会の構成メンバーとなることができますし、議員提案も単独でできるようになります。もちろん、区政に対する立場や議会改革の姿勢などで共通点が多いことが大前提でしたが、共同会派となることで議会内での発言権も随分と強まることになりました。

さて、18期の会派です。今回も、同様の共同会派を作りましょうというオファーを出していたのですが、生活者ネットの方からお断りの返事があり、かないませんでした。残念でしたが、もともとはおたがいに独立したグループです。それぞれの判断は尊重されなければなりません。
ということで、市民の声ねりまの二人の議員、私・池尻成二と岩瀬たけしは、議会の中でも「市民の声ねりま」という会派として活動することになりました。二人でしっかりとした会派を作りながら、他の会派の皆さんとの連携・共同をていねいに育てつつ、区政と区議会の改革に取り組んでいきます。どうぞ応援してください。

by ikejiriseiji | 2015-05-17 22:57 | Comments(2)
区議選が終わってから、2週間。連休中に何とか収支報告を取りまとめ、選挙の公費負担の手続きなどと合わせ昨日、選挙管理委員会に書類を出してきました。選挙の後始末、ようやく一段落です。
後始末が終われば、いよいよ次の仕事に取り掛かります。5月30日の初登庁・議員総会が公務としての始まりになりますが、その日を待たず、あれやこれや調査やヒアリング、関係者との意見交換に取り掛かっています。このブログでも、おいおい「区議会議員・池尻成二」の再スタートが見て頂けるようになると思います。

今日は、区政とは離れますが、青森の選挙の話です。
青森県知事選(24日告示、6月8日投票)に、私の友人である大竹進さんが立候補を予定しています。原発問題などに取り組む市民グループ「なくそう原発・核燃、あおもりネットワーク」などに支えられての挑戦で、政党では社民党と共産党が推薦しています。

     ➡大竹進の公式サイトは こちら

大竹さんは、青森市内で整形外科のクリニックを営む医師です。労災職業病や公害、地域医療などに取り組む医療団体の幹事として、私も長くご一緒させてもらっています。農民の健康問題や難病の子どもたちの支援など、命を支えることへの熱い思いと、命を削る社会の貧困や環境破壊への強い怒りに支えられた医療実践は、試練済みです。
今回の選挙では、特に原発の問題を前面に掲げ、 『六つの基本政策』の第1番に「原発・核燃をやめて、いのちと故郷(ふるさと)を守ります 」と記しています。「これ以上、『核燃マネー』に依存することは、青森県の地域振興にならないだけでなく、県民のいのちと生活を危険な状態におくことになる」と主張し、青森県の――ひいては、原発依存を強いられてきた全国の地域の新しい再生モデルをつくろうと訴えています。
身近な人であり、市民の声ねりまに対してもずっと応援してくれている人でもあります。何かできることがあればと思ってきたのですが、とりあえずいくのが早かろうと、25-26日、青森まで往復してきます。日本の、この東京の対極にある縮図・青森。楽しみです。勝つことができれば素晴らしい。区議選で頂いた元気と勇気を、しっかり注ぎ込んで来ようと思います。
by ikejiriseiji | 2015-05-12 08:30 | 選挙 | Comments(0)

練馬区議会議員・池尻成二


by ikejiriseiji
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31