<   2017年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

築地市場の豊洲移転問題が、大きな展開を見せています。これまでは、いわゆる「盛り土」問題に象徴される直近の土壌汚染対策に主要な関心が向けられてきました。しかし、もとはと言えば、土壌汚染の原因者である東京ガスにその応分の責任を取らせることのないまま、豊洲の土地を購入した石原都政下の都の対応が問題であるという指摘は各方面からなされていました。土地購入を違法とし、購入権者である石原元都知事に購入費用相当額を都に返還するよう求める住民訴訟も起こされ、審理が続いています。昨年11月に市民の声ねりまが講師としてお招きした大城聡弁護士は、この住民訴訟の原告側弁護団事務局長でもあります。
そしてとうとう、この土地購入の経緯自体が都政の表舞台で問われることになりそうです。

小池都知事は、20日の記者会見で、「豊洲市場用地売買契約に係る住民訴訟対応方針」を見直すこと、石原都知事の法的な責任も含めて検証していくことを明言しました。知事はこう言っています。
「東京都といたしまして、豊洲の土地購入にかかる当初からの事実関係をまず明らかにしていこう、そして、これまでの住民訴訟への対応を改めて検討し直したいと、このように考えております。
住民訴訟への対応を見直す理由でございますけれども、ここでは、石原慎太郎元都知事の豊洲用地の売買契約についての責任が問われているというのが1点。2番目に、豊洲市場については、用地を選定する件、それから土地購入の契約する、その経過が不透明であり、かつ不適正ではないかとの疑惑も多く指摘されているところでございます。これは住民訴訟の側の考え方です。その事実関係、それをもたらした責任を曖昧にすることなく、明らかにするということは、都政を改革して、緊張感を持って適正な上を行う上で不可欠だという、そういう判断のもとで今回の見直しを東京都として致したいということでございます。」
(記者会見では、住民訴訟の内容、争点についても簡潔に紹介されています。テキストもありますので、ぜひご覧ください。)

この方針転換を受けて、都側の弁護団も一新されます。準備書面も作成し直すことになり、証拠類の開示についても都の対応は一変すると思われます。本当に大きな方針転換です。
原告弁護団は、すでに、石原元知事だけでなく、汚染者負担の枠組みを決めた2002年合意書に都側の責任者の一人として押印している前川・現練馬区長などの証人喚問も含む立証計画を裁判所に提出しているとのことです。こうした原告側の請求に対する都側の方針も、変更されていく可能性が高いでしょう。
豊洲問題の解明の舞台は、住民訴訟の裁判も含め、大きく展開しつつあります。しっかりと見ていきたいものです。

by ikejiriseiji | 2017-01-23 17:26 | その他 | Comments(0)
b0017546_18005921.jpg練馬駅から区役所に向かう途中、千川通りの交差点にこんなものが立っています(写真)。たくさんの人が通るけれど、たぶんほとんど注意を向けられることのないこの機械は、「音響用押しボタン」というその名の通り、このボタンを押すと信号から案内音が流れる仕掛けになっています。信号があること、信号の位置、そして信号が青であることを音で伝えるための案内音です。もちろんこれらは、視覚にハンディのある人たち、色を見ることで信号の指示を確認できない人たちのためのものです。
私はこれまで、この音響式信号の意味、必要性をしっかり考えたことがありませんでした。恥ずかしいことに、視覚障害のある人たちが一体どうやって横断歩道を渡るのだろう? という疑問を真剣に意識したことがなかったのです。そんななか、ある視覚障害者の方から、ご自身の通勤途上にある横断歩道に音響装置をつけてもらえないだろうかという相談をいただきました。道路は、大泉街道。車の量は決して少なくない、都道です。
横断歩道に音響式誘導装置をつけること。これは、視覚障害者の皆さんのために――その命の安全のために、欠かすことのできないバリアフリー対策であり、差別解消法の求める合理的配慮の最優先の課題の一つである。私はそう確信し、11月の定例区議会一般質問で取り上げました。
答弁の中で、区内にある信号機は全部で603か所。そのうち音響式の誘導装置があるのはわずか36か所であることも確認できました。現にある信号機を着実に音響式に改めていかなければ。そしてまちづくりに取り組んでいるところ、新しく信号を設置する交差点や横断歩道は、すべて音響式にすべきです。大きな宿題として、この問題、これからも取り上げていくつもりです。
以下、質疑と答弁を転載します。(正式な議事録ではありません)

池尻
最近、視覚障害のある方から相談を受けました。毎日使う通勤途上の信号機に、音響誘導の装置をつけてもらえないかというものです。
視力に障害のある人が、どうやって信号を渡るのか。申し訳ないことに、私は真剣に想像してみたことがありませんでした。晴眼であれば当たり前に信号の色を見て、青信号に守られるようにして歩道を渡ります。しかし、視覚障害者には、信号の色は見えません。どうするのでしょうか?
その信号の前に立ち、目をつぶってみて、強い恐怖感を感じます。一体どうやってこの信号を渡れというのか。音で青信号を知らせてくれなければ、ひとりではとても信号機を渡れそうにありません。こうやって障害者の社会生活は大きな制約を受けているのだと、強く悟らされました。
この相談をふまえ、伺います。練馬区内に、交通信号機は何か所設置されているか。そのうち、音響誘導装置が付いているものは何か所か。まず、お示しください。
信号機の設置は、一義的には都の管轄です。また、すべての信号機を音響付きのものにするのは経費も手間もかかる膨大な作業です。しかし、ノーマライゼーションという観点からは、ごくごく当然の、そして緊急な合理的配慮の課題です。計画的に、確実に、音響信号機への移行をはかるよう、区としても積極的に行動を起こすよう求めます。ご所見をお聞かせください。
福祉部長
交通信号機の数につきましては、平成28年3月末現在で、区内に603か所設置されており、そのうち36か所が音響式信号機です。音響式信号機は、視覚障害者にとって、横断歩道を安全に渡るうえで、有効になものの一つと考えています。区としては引き続き交通管理者である警視庁に要請をしてまいります

by ikejiriseiji | 2017-01-15 18:05 | 緑・まちづくり | Comments(0)
昨日の夜のニュースで報道されていた、メリル・ストリープのスピーチ、見ましたか? ゴールデングローブ賞の表彰式という、メジャーもメジャー、オフィシャルもオフィシャルな場のスピーチでしたが、とても印象的で人の心を揺さぶるものでした。
20日に大統領に就任するトランプ氏。“トランプ政権”への期待やへつらいさえ目立ち始めた中で、改めて彼に言わなければならないこと、彼と向き合うすべての人間が忘れてはならないことを、ひとりの女優がしっかりと言ってくれた。しかも、毅然としつつもユーモアを交え、厳しくも品位ある言葉で。表現の内容だけでなくその方法もまた、かの御仁の対極に立つもの。そう感じさせてくれました。
どんな時代、どんな国にも、倫理的な勝利、人間的な正当性という物差しがあるはず。たとえ一時の政治的多数ではなかったとしても。
スピーチの全文は、動画も和訳もネット上で見られるようです。ぜひチェックしてみてください。


by ikejiriseiji | 2017-01-10 16:05 | その他 | Comments(0)
年末、石神井公園駅を取り囲むエリアに、私の「かわら版」を配布しました。地域にこだわった発信ツールとして、いくつかの「かわら版」を出しているのですが、今回は「三宝寺かわら版」と「八の釜かわら版」の合併号のイメージです。
テーマは、石神井公園駅南口の「まちづくり」。まちづくりといっても、実態は幹線道路の整備、そしてそれと一体となった再開発ビルの建設です。再開発ビルは、高さが110mにもなることが議会での答弁で明らかになりました。当初、再開発準備組合が描いていた130mよりは少し低くなりましたが、地区計画の高さ制限をはるかに突破する超高層であることに変わりはありません。一方の都市計画道路232号線は、都の推計で1日当たりの交通量が2万台を超えるとされていることが分かっています。わざわざこれだけの大量の車を駅前に呼び込むなんて、今どきの駅前のまちづくりとしては信じられない発想です。
しかも、道路区域にある大鷲神社を管理する宗教法人から、神社の再建のために再開発を求める陳情が議会に提出されました。宗教法人からの、しかも宗教施設の「再建」を求める議会陳情とは、前代未聞。大鷲神社への地域の思いはよく知っていますが、ことは区が深く関与する市街地再開発事業です。宗教と政治のかかわりをどう考えるべきか。再開発の目的や区の関与の是非に立ちか上って、議論をせざるを得ない事態です。
地域からも、地権者からも、商店街からも、異論噴出のこの「まちづくり」。しかし、区はあくまで押し通そうとしています。いけませんね。出直すべきです。
b0017546_22132547.jpg
b0017546_22134187.jpg

by ikejiriseiji | 2017-01-04 22:24 | 緑・まちづくり | Comments(0)
年末、築地で買い求めてきたマグロの味を堪能しつつ、元旦が過ぎました。年明け、最初の投稿です。
私が生まれたのは、「戦後は終わった」と言われた年。後から知ったことだけれど、自民党が誕生した年でもあります。それからもう、60年を超えました。
「明治100年」なんて話がマスコミをにぎわしていたのは小学生のころだったか。60年はもちろん70年の「安保」にも遅れてしまった世代は、それでもテレビで大々的に報じられる労働争議や街頭のデモがまだ一つの日常であった時代の空気を吸って育ってきました。戦後の民主主義の行き詰まりと退廃はあちこちに顔を出していたけれど、それでも、市民、労働者が世の中を作り動かしているという実感が、確かにまだありました。遠い昔、です。
希望よりも不安、確信よりも不信の気配を感じつつ、何とも言えぬ感慨とともに20世紀の終わりを見届けたかと思ったら、はや17年。功罪の評価はともかく、20世紀の時代と思想を深く規定したあのロシア革命から、ちょうど100年の年になってしまいました。
社会も経済もそうであったかもしれませんが、ここ20年くらいは、閉塞感と停滞感が否応なくのしかかってくる、そんな実感が年とともに募ってきました。権力――経済的なそれにしろ、政治的なそれにせよ、あるいは文字通りの暴力にせよ、権力というものの壁の厚さをひしひしと感じます。議員という世界にいるからか、その感覚は具体的でリアルですが、だれもが漠然とではあれ、そう感じているはずです。
民主主義は遠くなりました。私たちは、「主権者」としての実感をはるか彼方に置き忘れてきました。代議制民主主義は、国民主権を適切かつ効果的に実現する機能をとうに失い、むしろ政治と市民社会のかい離・分裂の一つの歯車にさえ成り下がって見えます。権力が巨大であることそれ自体よりも、その権力を統御し抑制していくことへの絶望と無力が、ことの深刻さを際立たせます。
練馬という小さな世界で、一人の議員のかすかな力ではあれ、私は精いっぱい踏ん張ってきました。それでも、人々を覆う空気はフラストレーションに染まり、出口のない孤立感とやり場のない苛立ちは、乱暴で安易な“Break-Through”(ブレイクスルー)にすがる、アナーキーな心情を呼び寄せているように感じます。道理や、謙虚さや、寛容さが大切にされない、そして人のつながりと支えあいが信頼されない辛い時代です。
怖い。そう感じることが、多くなりました。皆さんはどうでしょう。
b0017546_02030258.jpg
そんな時代に、抗って立つ。年の初めに、あらためて自分に言い聞かせます。昨年も、区政の場で、たくさんの課題を拾い、たくさんの議論をし、たくさんの行動を起こしました。一つ一つは小さくても、貴重でいとおしいたくさんの出会いとつながりを見つけてきました。負けるのは嫌です。屈するのは、まだ早い。もうかなりの時間、生きてきたけれど、そして一歩進んだかと思うと二歩三歩と押し返されるそんなたたかいが続いてきたけれど、まだやれることはある。本当の勝負はここから。
私や市民の声ねりまに期待と関心を向けてくださっている皆さん、ありがとうございます。がんばりましょう。2017年を、よい年に!

by ikejiriseiji | 2017-01-02 02:26 | 雑感 | Comments(0)

練馬区議会議員・池尻成二


by ikejiriseiji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31