<   2017年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

戦時中、子どもたちが遊んだ双六をもう一つ。
b0017546_09524746.jpg
こちらは、大木合名會社という薬問屋が宣伝用に作成したもののようですが、タイトルは『無敵少年荒鷲空爆双六』。途中途中で「南京にバクダンを落とす」という指示があり、上りは南京陥落。内容からすると、1937年に配布されたのでしょうか。
戦争の性格と、戦争に国民が動員されていく空気が、伝わってきます。

by ikejiriseiji | 2017-08-22 10:07 | 市民の声ねりま | Comments(0)
市民の声ねりまは、この夏も、平和と戦争を考える手作り企画に取り組んでいます。6日には、岩瀬議員の事務所が中心となって企画した『大泉で戦争を考える』。たくさんの方が訪れてくださいましたが、中でも、戦中・戦後直後の様々な記憶と記録の展示は出色でした。同じ時期、区役所のアトリウムでは平和祈念パネル展が開かれていましたが、主催者の熱意も工夫も、決して負けないものでした。
その日の展示品から、2,3、紹介します。まずは、戦時中、子どもたちが使っていた双六(すごろく)。
b0017546_22232341.jpg
振り出しから、スマトラ、南支、泰(タイ)、ジャワ、満州、フィリピン、セレベス、ボルネオ、マレー、ハワイ、中支、沿海州、オーストラリア、北支、ニュージーランド、佛印(フランス領インドシナ)、ビルマ、ニューギニア、蒙疆(もうきょう=内モンゴル地区の一部)、北樺太、シベリア…日本が軍事的に侵攻し、支配し、あるいは影響力を行使しようとしてきた地域や国々が並んでいます。そして、それぞれの国名、地域名の下には、その地域でとれる農産物や資源が点数付きで書いてあります。
大泉に在住の方が大切に保管されていた、当時の子どもたちの遊び道具の一つです。こうして、子どもたちは戦争とその露骨な目的を刷り込まれて行ったのでしょうか。

by ikejiriseiji | 2017-08-18 22:36 | 平和・国際交流 | Comments(0)
b0017546_19024026.jpg
市民の声ねりまの区政ニュース『いぶき』。知る人ぞ知る、ひそかにご好評を頂いている『いぶき』の67号ができました。印刷以外は自前でやっていますが、少しずつ紙面の改善も図ってきました。最新号の特集は、練馬区の「緑」。ぜひお手に取ってご覧ください。
A4版16ページ立て、年4回発行。購読のお申し込みは市民の声ねりま 03-5933-0108 siminnokoe@nifty.com まで。見本紙も用意しています。

67号の主な内容
■2-3p 池尻成二・岩瀬たけしの議会報告
     “空家・ごみ屋敷”条例で修正動議を共同提出
■4p 岩瀬たけしの委員会報告  待機児童解消の約束、またも果たせず
■5p 池尻成二の委員会報告  「精神」にも福祉手当、医療費助成を
■6p 主張  70周年、何を祝うのか?
■7p 連載 区議会ってなあに  「公職選挙法アレコレ」
■8-9p 特集  練馬の「みどり」、危うく ~道路と開発、宅地化の波の中で~
■10-11p 連載 こんなまち練馬  「正覚院」と「氷川神社」
      連載 白子川の流域から  白子川の”光”と”影”
■12-13p 新企画 「私の提案」「私の相談」  オピニオン 「悪なすび」によせて
■14p 新企画 定点観測
■15p 声 /「いぶき俳壇」
■16p 市民の声ねりまより  第15回市民の声ねりま総会開催!/ポスターのお願い

by ikejiriseiji | 2017-08-12 19:04 | 市民の声ねりま | Comments(0)
今や広大な更地となった、外環道の大泉ジャンクション予定地。この場所に、何が、どんな形でできていくのか。あらためて整理をしてみます。

b0017546_14160578.jpg

赤い線で囲まれたエリアが「道路区域」。この範囲に、道路や環境施設帯などが整備されます。黄色は、高速道路のランプ(連結路)。ランプは大きくは4本、この図の上から外環北行→関越下りランプ、外環北行→目白通りランプ、目白通り→外環南行ランプ、関越上り→外環南行ランプになります。関越と外環をつなぐジャンクションの二つのランプは、いずれも、目白通りを高架で跨(また)ぎます。
黄色い高速道路の線が消えているところは、地下に入る部分です。4本のランプはいずれも東映通りの北で地下に入りますが、関越→外環のランプだけは、東映通りをくぐったあと再び地上に顔を出し、三原台中学校の校庭南端のあたりまでオープンな構造が続きます。料金所が設置されることになっているためで、この部分は蓋かけもありません。
灰色の線は、一般道になります。目白通りインターチェンジの二つのランプの間から始まっているように見える一般道は、2車線の外環の2(外環地上部街路)です。外環の2は東映通りと交差点を作り、三原台中の南付近から二股に分かれますが、さらに南側、前原交差点で一つになります。そして、外環道のさらに外側に、地先のアクセスを担保するための生活道路が配置されています。
東映通りの南側は、高速道路は大半が地下に潜ります。他方、東映通りの北側は高速道路部分が複雑に絡み合い、大がかりな立体構造を造ることになります。高速道路部分があるため東西両側には厚めの環境施設帯が設けられますが、それにしても、環境や景観も含め地域への負荷は小さくないと危惧されます。
環境施設帯の西側部分は、すでに大半が姿を消した八の釜憩いの森の代償措置としても位置付けられています。八の釜の湧水源は現在の場所に保全できると言っていますが、水辺環境も含め、その在り方は不透明なままです。
大泉ジャンク所何周辺地域は、いよいよこれから、ランプ本体も含めた大規模な工事が本格化します。工事中から工事後の地域への影響をしっかりとチェックするとともに、環境施設帯をはじめとして、取り扱いが定まっていない数々の課題についても積極的に議論を始めるべき時期です。

by ikejiriseiji | 2017-08-03 15:45 | 緑・まちづくり | Comments(0)
外環道を南に延ばす工事が進んでいます。南端は東名道とのジャンクション、北端は関越道や外環の既供用部分とつながります。関越道と外環道とを結びつけるのが「大泉ジャンクション(JCT)」。この北端、大泉JCT周辺地域は、外環道の延伸事業の中でもとりわけ広範囲に土地が改変され、大規模に施設が整備される場所でもあります。というのも、この地域には
①関越道と外環道とをつなぐ二つのランプ(接合道路)
②外環道と目白通りをつなぐ二つのインターチェンジ・ランプ
③2車線の都市計画道路・外環の2
④沿道の住宅地の地先のアクセスを保証するための生活道路
が造られることになっているからです。
大泉JCT予定地では、用地買収はほぼ完了しています。もともとはたくさんの住宅があったのですが、その大半がすでに除却され、今は広大な空地が姿を現しています。あまりに広大で、「飛行場でも作るんじゃないかと思っ」と真顔で話す人もいるくらいです。
大泉街道から北、関越道方面を望むと、こんな感じです(写真)。大泉街道近くでは、道路区域の幅員はだいたい40m近くになっていると思われますが、北の方、目白通りに近づくと東西の幅は100m近くになります。本当に広大です。この広大な区域に、何がどう造られるのか。あらためて整理してみます(続く)。
b0017546_12040557.jpg

by ikejiriseiji | 2017-08-02 12:35 | 緑・まちづくり | Comments(0)

練馬区議会議員・池尻成二


by ikejiriseiji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31