<   2017年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

西武新宿線の連続立体交差事業が、新たな段階に入ろうとしています。
連続立体交差事業(連立事業)というのは、鉄道の立体交差化と道路整備を一体的に行い、踏切などの交通課題やまちづくりを進めようというものです。もう50年近くも前に、当時の建設省と運輸省が協定を交わして以来、特に都市部の鉄道・道路事業の主要な手法として使われてきました。
練馬では、この間、西武池袋線で連立事業が行われてきましたが、高野台~大泉学園駅間が今年3月に完了。舞台は、西武新宿線の方に移っています。西武新宿線では、中野区間(中井~野方駅間)が現在、事業中です。それに続く野方~井荻区間、井荻~東伏見区間がいつ動き出すのか。とくに後者は、上石神井や武蔵関という練馬区内の駅を含み、区も区議会も、そして地域の区民の皆さんも、たいへん関心の強いところでした。
この西武新宿線の野方以西について、国交省がこの3月、着工準備採択という手続きを行ったことがわかりました。野方~井荻、井荻~東伏見の二つの区間の同時採択です。
     ※下の表は国土交通省が2017年度に予算化した事業のリストから。
b0017546_11022247.jpg

着工準備採択というのは、事業認可と補助金交付の権限を持つ国が事実上のゴーサインを出し、法的な手続きのための関係者の協議が始まる節目の手続きです。これを受けて、今、東京都、西武鉄道、関係自治体は次の手続き、都市計画決定に向けた検討を進めています。
b0017546_11020892.jpg
実は、新たに準備採択された区間は「高架」になるのか、「地下」になるのかも決まっていません。立体交差には、鉄道を上にあげる「高架」でもできますし、地下にトンネルで通すやり方もあります。西武池袋線は今のところすべて高架方式ですが、新宿線の中野区間は実は地下方式です。
鉄道が高架になるのか地下に入るのかは、たいへん大きな選択です。この点での議論は、少なくとも練馬区議会のレベルではほとんど進んでいませんが、地域も巻き込んで大いに検討の視野を広げたいところです。

by ikejiriseiji | 2017-09-22 20:58 | 緑・まちづくり | Comments(0)
練馬区が「独立70周年」を記念し、練馬区在住の絵本作家 のぶみさんと共同で制作した『I Love 練馬あるある』。今年度の広報キャンペーンとして博報堂に委託して動画版を製作、さらに産業振興公社から本としても出版されることになったもので、マスコミなどでも紹介され、区民の間でも話題になりました。
     ➡練馬区の公式Hpから、こちらで動画がご覧になれます

この『練馬あるある』、動画(絵本)の最初に出てくるのが、こんなフレーズです。
「板橋区には何となく勝てそう 港区には勝てる気がしない」
このフレーズについては、私も気になっていました。なんだか、違う。シャレたセンスに口元が緩む、「あるある」と膝を打つ、そんなフレーズじゃない…
練馬区議会、一般質問の3日目、生活者ネットのやないさんがこのフレーズについて取り上げました。
「練馬区が『勝つ』とはどういうことを指すのか。友だち同士のおしゃべりならともかく、行政が勝ち負けを笑いのネタにして区をアピールすることからは、さまざまな人が共に生きる区政を推進する姿勢は感じられません。」
やないさんはこう区長の考えをただしたのですが、区長の答弁は何とも違和感の残る、あえて言えば不快なものでした。(録音から起こしたもので、正式な議事録ではありません)

区長 お答えします。『練馬あるある』についてであります。ねりまあるあるは区民の皆様とともにしたい、わがまち練馬の愛情、愛着を斬新なアイデアで表現したものです。担当課のセンスの良さに感心しましたが、予想通り区の内外で好評いただきました。大成功だと思っております。一昨年、健恋7係のキャンペーンに際しても差別だと的外れな指摘をした方がいましたが、今回も同じであります。失礼ながら、ウイットやエスプリを全く理解をされていない古めかしい感覚には驚くばかりであります。区民の皆さまはそうではありません。ユーモアあふれる内容にほっこりして、練馬が大好きになった。区の楽しい情報を多くの人に知ってもらえて嬉しいといったご意見を多数いただいています。絵本も好評です。板橋区長からは、大変面白い企画だと思う。こうしたユーモアをもって、お互いにやり合うようにしたいと話がありました。また、新聞五大紙をはじめ、テレビやラジオでも自治体の新しい取り組みとして、好意的に紹介されました。広報の専門家からも、郷土愛をくすぐり、区民の心を一つにまとめることに、一役買っているといった評価を受けています。まさか、この練馬区議会で大真面目にこのような質問をいただくとは思ってもいなかったので、心底びっくりしています。残念であります。私からは以上であります。

『あるあるキャンペーン』の当該のフレーズについて、やないさんが指摘した疑問の声は私の元にも少なからず届いていました。もちろん、好意的に評価する声もあるでしょうし、区長のもとにそうした声がたくさん届いているのかもしれませんが、しかし区長が言うようには感じなかった人がおり、批判的な声があるのも間違いのない、大切な事実です。評価や立場が違ったとしても、乱暴に排撃したり、尊大に見下げたりしてよいことではありません。
やないさんの名誉のためにあえて付け加えておきますが、質問は、内容も口調も、とても誠実で真摯な姿勢のものでした。それに対する、区長のこの答弁。言いたいことはふつふつと出てきますが、今は、一言、情けない。

by ikejiriseiji | 2017-09-13 17:56 | 議会 | Comments(0)
日曜日、上石神井で区政報告会を開きました。小さな会場でしたが、20人以上の方が来てくださり、とても活発な意見交換の場となりました。ありがとうございました。
今度の土曜日は、武蔵関の駅近くでやります。関町地域のまちの変容とまちづくりの現状を拾いながら、お話をしたいと思っています。関町や立野町方面は、練馬の中でも、特に緑が豊かで、素敵な景観が広がる地域です。しかし、この地域では今、急速に緑が失われています。2007~2012年の5年間では、この地域の大半の町丁目で緑被率はむしろ増えていました。ところがその後の5年間で見ると、すべての町丁目で、緑被率は減少しています。もっとも減少が激しい関町南3丁目は、この5年間に6%以上も減っています。すさまじい、と言ってよい減り方です。

b0017546_20443056.png

まちの姿が、大きく、激しく変わりつつあります。同じような傾向は、例えば大泉学園町や西大泉などでも顕著です。宅地化と開発の波が広がっていることと、もちろん、深く関連しているはずです。そして、この波は、「利便性の高い都市」「都市計画道路などの都市基盤の整備」を強く指向する前川区政のもとで、これから、確実に高くなっていくでしょう。
それでいいんでしょうか?
今度の土曜日は、武蔵関駅周辺の「まちづくり」の動きも視野に入れながら、この地域のこれからを考えてみたいと思っています。関心のある方は、市民の声ねりま siminnokoe@nifty.com または03-5933-0108までご連絡ください。


by ikejiriseiji | 2017-09-11 20:58 | 緑・まちづくり | Comments(0)

「関東大震災」のこと

今日は石神井地区祭の日だったのですが、あいにくの雨で順延に。準備のお手伝いをと思って早起きしていたので、更新が滞っていたブログの記事を書く時間ができました。
昨日9月1日、1923年の関東大震災から94年になりました。私はもともと九州・福岡の生まれ。関東大震災はかすかに歴史の教科書で知った程度でしたが、東京に来て、この地の歴史と社会の中に残る深く鋭い記憶に接することが多くなりました。そんな中、ずっと訪ねたいと思っていた場所、両国の都立横網町公園に行くことができました。
かつて陸軍被服廠があったこの公園は、関東大震災の犠牲者を慰霊する象徴的な空間でもあります。
「都立横網町公園は慰霊の公園です。
大正11年(1922)東京市は、陸軍被服廠の移転に伴い跡地を買収し、公園の造成を進めていましたが、その最中に発生したのが関東大震災(大正12年9月1日)でした。周辺の人たちが家から布団や家財道具を持ち出し、この地に続々と集まったのです。
しかし、この地にも強風にあおられた炎が四方から迫り、その火の粉が家財道具などに燃え移りました。激しい炎は巨大な炎の竜巻、火災旋風を巻き起こし、一気に人々を飲み込みました。この地だけで、3万8千人もの尊い命が失われたのです。」
                (東京都慰霊協会 横網町公園管理所のHpより)
公園には、慰霊や祈念のための様々なモニュメントや施設があります。その一つ、復興記念館にも入ってみました。

b0017546_06510911.jpg


1931年に建てられたという、風格のある建物。被災の状況や当時の市民の姿などを伝える展示は、とても興味深いものでした。あの時も、火災だけでなく大きな津波も起きていたこと。大震災から得られたまちづくりの教訓。復興に取り組む庶民の姿。そして、震災の中で起きた朝鮮出身の人々などに対する虐殺事件のこと…。
展示の中には、「有りもせぬことを言い触らすと処罰されます」という警視庁の通知もありました。たくさんの朝鮮人、さらには社会主義者などが、「流言飛語」に惑わされた人々などによって命を奪われた事実は、私たち都民が直視することを忘れてはならない歴史です。

b0017546_06512040.jpg

大震災のあった9月1日の記者会見で、小池都知事が「虐殺」が起きていたことそれ自体をすら率直に認めようとしなかったのには大変驚きました。虚心に歴史に向き合うことは、今に生きる経験に豊かに学ぶための大切な原点であると、私は思います。


by ikejiriseiji | 2017-09-02 07:14 | その他 | Comments(0)

練馬区議会議員・池尻成二


by ikejiriseiji
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30