<   2017年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

順天堂附属練馬病院の90床増床計画。区から30億円にのぼる財政支援が予想される中、この増床を通してどんな病院になっていくかは区民・区政の重大な関心事とならざるを得ません。
増床と合わせて外来機能が再編されることで、外来患者さんへの負担増が懸念される。この点は、前回触れました。もう一つの論点は、増える90床を一体どのように活用するのか。言い換えれば、この90床をどのような機能を持った病棟・病床として整備するのかということです。
あらためて、増床される90床の配分内訳を示す資料を転載します。区議会の委員会に提出されたものです。

b0017546_19313674.jpg

5階から7階は、既存の専門科病棟の拡充です。4階は、病床の大きな組み換えが入りますが、基本は周産期機能の強化であり、趣旨は明確です。3階のICUの2床増もわかりやすい。問題は3階の残り30床と2階の54床です。事実上、増床分の大半にあたるのですが、しかし、この二つの病棟がどのような性格・機能のものになるのか、しっかりした説明はいまだにありません。
「どの科を置くかは決まっていない」
「婦人科混合の減49床。ほかの科に入院していた女性の方でこちらに移れる方を移動されるなど、ベッド調整で使っていた。そのベッド調整を2階3階でも行っていくと聞いている」
これが、委員会での担当課長の説明です。う~ん、よくわからない。多額の税金を投入することとなる増床です。地域医療の中核病院として位置づけられた同病院の貴重な増床分が、もっとも効果的に、またもっとも地域医療に貢献できる形で活用されるようにすること。それは、順天堂と練馬区の大きな責任であるはずですが、その肝心な部分があいまいなままであることはとても残念です。

私は、一つの考え方として、増床分のすべてではなくとも一部を「地域包括ケア病棟」として整備したらどうか、ということを提案しました。
地域包括ケア病棟は数年前に新たに制度化されたものです。
「地域包括ケア病棟とは、急性期医療を経過した患者及び在宅において療養を行っている患者等の受入並びに患者の在宅復帰支援等を行う機能を有し、地域包括ケアシステムを支える役割を担う病棟または病室。」(診療報酬施設基準)
地域(在宅、介護施設等)→地域包括ケア病棟→在宅。(高度)急性期医療機関→地域包括ケア病棟→在宅、もしくは他の入院医療機関。こんな流れの中に位置づけられたのが地域包括ケア病棟です。私が、この地域包括ケア病棟のことに触れた理由は、いくつかあります。
  1. 順天堂は高度に渡る急性期対応を基本とする医療機関である一方で、地域医療支援病院としての指定を受け、地域の医療機関との連携、バックアップをその大きな役割としている。地域の医療機関や在宅で療養する患者さんの増悪時の受け入れを担う地域包括ケア病棟は、順天堂の果たすべき役割に添っている
  2. 区としては順天堂以外にも地域包括ケア病棟の整備を進めるとしているが、療養機能と併設されたものが基本であり、二次救急機能を持ち急性期対応にも備えのある地域包括ケア病棟は、計画中も含めてごくわずかである。
  3. 地域の医療関係者からは、在宅で療養する患者さんの入院先として順天堂が極めて使いづらい(空いていない)という声は大変多く、地域包括ケア病棟へのニーズは高い。
  4. 順天堂から逆紹介で退院する患者さんのうち半数以上が区外に出ている。その多くは他の病院に入院していると思われるが、転院数の多い医療機関を見ても区外が4割近くになっている。つまり、順天堂には入れないというだけでなく、順天堂から出るときに移る入院先が練馬にないということも、大きな課題となっている。

実は、順天堂と同様に高度な急性期医療機能を持つ都立病院でも、大塚病院や荏原病院では地域包括ケア病棟が置かれています。順天堂に置かれても、不自然でも不似合いでもありません。
90床増床の一部を地域包括ケア病棟として整備したらどうか。この私の問いについて、区は順天堂の理事者に問い合わせをしてくれたようです。答えは否定的なものでしたが、しかし、十分に議論・検討が尽くされたのか。私には疑問です。
もし2階3階に新たに置かれることになる病棟が、すべて他のフロアと同様の高度で集中的な急性期機能や施設基準のもとに置かれ、他のフロアの病棟と一体的に管理されなければならないとしたら、確かに、60床が4号館に置かれていることは非効率だとは言えるでしょう。外来を外の建物、つまり4号館に出し外来患者さんに負担増を強いてでもベッドを1号館に集約することには、それなりの合理性があるかもしれません。しかし、もし増床部分の一部を地域包括ケア病棟として整備するのであれば、それが別な建物にあることの弊害はぐっと小さくなるのではないか。そんなことも思います。

専門的な議論です。私自身も、つけ刃の知識で議論しているところがあります。しかし、大切な90床、大切な30億円の税金を投入するのなら、もっと広く地域の医療関係者や議会の意見をしっかり聞いて、計画を練り上げるべきです。

by ikejiriseiji | 2017-10-29 17:36 | 健康・医療 | Comments(0)
90床の増床に向けて、順天堂が新たに提案してきた施設配置計画については、いくつか懸念されることがあります。その最大のものは、外来患者への負担増です。
今は、外来は1号館の2階にまとまって置かれていますが、新たな配置計画では外来診療は原則として4号館に集約されます。問題は、検査です。外来には、検査は不可欠です。血液や尿検査といった基本の検査だけでなく、MRIやCT、あるいは順天堂にはPETもあります。これらの検査機能は、4号館には移りません。1号館に残されたままです。ということは、外来患者さんで検査が必要な人はどんな流れになるのでしょう?
この点についての詳細な説明を求められて、区の担当課長が答えた内容が以下のようなものでした。

各建物間の動線は、1号館からいきいき歩道橋を通って2号館へ。連絡通路を通って4号館に入る。駅方面からは、2号館から入ってエスカレーターもしくはエレベーターで2階に上がり、連絡通路を通って4号館に行く。
外来診療の流れは
  • 再診で検査のない方は4号館で受付をし、診察を受ける。1日約1300名の外来患者のうち700名程度
  • 再診で採血、採尿の検査が予定されている方は、最初に1号館で検査をし、検査結果が出るまでの1時間程度の間に4号館に移動。1日約250名程度
  • 初診は、まず1号館で受付をしカルテをつくる。その後、4号館で診察。1日120名程度
  • 初診のうち具合が悪く、紹介状を持たずに来る方で、どの診療科にかかればよいか判断の付かない方は1号館1階の総合診療科へ。初診の120名のうち20名程度
  • 会計は1号館4号館どちらでもできるようなる

ということは、1号館と4号館の間での移動が不要な人は、外来のうち再診で検査のない700人と初診のうち総合診療科に行く20人程度。1日1300人の外来患者のうち、残りの半分近くは4号館→1号館(検査)→4号館という移動を強いられることになります。4号館では、外来の診察室は4つのフロアに分かれており、4号館内での上下の移動も負担となるかもしれません。エレベーターは3基。外来は一人でいくつもの診療科に係る場合もあるでしょうし、1300人の患者さんとその家族・付添いが比較的短時間に集中する状況に混乱なく対応できるのかも気がかりです。
新たな施設配置計画が、外来患者の負担を重くするものであることは否定のしようがありません。順天堂は急性期医療を柱とした医療機関ではありますが、他方では「地域医療支援病院」として、地域の医療機関との紹介・逆紹介を支える外来機能も、大きな柱です。1日1300人という外来患者はたいへんな数ですが、今やその大半は紹介患者であり、この部分での順天堂の役割は決して小さくありません。外来患者の負担増を、軽々に認めることはできません。
外来を4号館に移転することと合わせて、診察室の増室や通路の拡幅などの機能の拡充・改善も図られるようですが、これらは1号館に外来を残したもままでも検討することはできるはずです。

多数の外来患者にこれまでにない負担を求めてまで、なぜ病床を1号館に寄せることが必要だったのか?
区によると、順天堂の説明はこうだそうです。
①サービス向上→病床を寄せることによって、入院患者が横に(歩道橋を使って1号館に、という意味)移動することがない。
②運営効率の改善→90床寄せることによって、運営上は行き来もしやすくなるし、患者の急変にもすぐ対応できる。
詳細は分かりませんが、ここで言われていることは理解できないわけではありません。しかし、外来と入院、外来診察と検査を別々の建物に分離することのリスク、不合理と比べてどうか。とりわけ、外来に訪れるたくさんの患者さんの視点に立って、検討が十分になされているとは、残念ながら思えません。
さらに言えば、4号館に入れる予定だった60床の病床にどのような機能を持たせるかによっても、施設配置の功罪はかなり変わってきそうです。この点では、ベッドを1号館と4号館に分けて配置することとセットで、病床機能についても、あらためて整理・見直しをしてもよかったのではないか。委員会の場で、私は4号館のベッドを「地域包括ケア病棟」として整備することは考えられないのか? と問うてみたのですが、それもこうした問題意識からでした。(続く)


by ikejiriseiji | 2017-10-27 11:55 | 健康・医療 | Comments(0)
順天堂練馬病院の90床増床計画。もともとは、笹目通りの反対側に新たに4号館を建て、60床はそこに。残りの30床は1号館に、というものでした。それが大きく変わります。変更の柱は
①現在は1号館2階に集約されている外来診療スペースを4号館に移す
②増床分90床すべてを1号館に入れる
というものです。委員会資料から紹介すると、まずはこれが現状のフロア配置。

b0017546_19313145.jpg

次いで、こちらが増床後の1号館のレイアウト。修正後の計画です。2階の外来の大半がなくなり、54床の病床が入っています。ただし、外来に関連する機能のうち総合案内や採血・採尿はそのまま。また、CTやX線等の検査部門も1号館に残ったままです。

b0017546_19313674.jpg

こちらは、新たにできる4号館の配置図。1~4階の4つのフロアに外来が分かれます。

b0017546_19313448.jpg

この計画変更は、区の財政にも大変大きな影響を及ぼします。増築や機能向上に係る経費の一定割合を補助するということで、区はこれまで16.5億円の補助を出すと議会で答弁してきました。しかし、今回の計画変更で、この額が30億円にまで跳ね上がることが確実です。倍増、です。
私は、委員会でこの計画変更について異議を唱えました。きびしい財政負担の一方で、区民の医療を守り向上させるという点での配慮が足りないと感じたからです。 (続く)

by ikejiriseiji | 2017-10-16 19:05 | Comments(0)
順天堂附属練馬病院と地域医療振興協会練馬光が丘病院。練馬の地域医療の「中核病院」と位置付けられたこの二つの病院を巡って、大きな動きが進んでいます。まずは、順天堂。
順天堂練馬病院は、現在、400床。病床稼働率は97%に達し、増床を求める声は様々な方面から寄せられてきました。問題は、用地。現在の敷地ではこれ以上の増床は無理ということで、紆余曲折ののち、石神井東中学校の校庭の一部を含めた土地のやり取りで笹目通りの向かい側に新たな建物を建て、そこを病院の一部とすることで話が進んできていました。

b0017546_19312857.jpg
(9.28区議会医療高齢者等特別委員会資料より。以下、同じ)

左側の大きな四角が1号館。現在の病院建物です。4号館とあるのが、新しい病院の建物。もともとは石神井東中の体育館などがあった場所ですが、その土地を中学校北側に順天堂が持っていた土地と交換し4号館を建てることになったのです。
2号館は、現在は事務室や会議室などの事務管理スペースとして使われています。1号館と2号館は区が設置した歩道橋(練馬高野台いきいき歩道橋)でつながっています。この2号館とさらに連絡通路で4号館につながるという配置です。
順天堂の90床増床計画は、議会としては、すでにおおむねの合意と判断を重ねて既定の事業でした――少なくとも8月までは。ところが、9月になって、90床の増床計画の大幅な見直し案が飛び出したのです。(続く)

by ikejiriseiji | 2017-10-13 19:42 | 健康・医療 | Comments(0)
練馬区の健康推進課が“健康管理アプリ”の運用を始めます。健康に関わる情報提供や個々人の健康管理を支援する機能を盛り込んだアプリということで、「ねりまちてくてくサプリ」という名前です。運用開始は11月1日。
アプリ自体は、よいと思います。機能も効果も、検証は必要でしょうが、スマホのアプリというツールを活用していくのは大切なこころみだと思います。
問題は、このアプリの登録推進キャンペーンです。

登録を促すためにと、区は、こんなことを計画しました。
・アプリをダウンロードした区民の中で、抽選で3,000人にキャンペーン用品を贈る。
・キャンペーン用品は、血圧計、塩分計、スポーツアームバンドスマートフォンケース
キャンペーン用品のために、1,100万円の税金が使われます。1つ3,000円以上もするプレゼント、ということです。すごい…

なぜこんなにたくさんの税金を使って、プレゼントをする必要があるのか??
私が聞いたところ、担当課長は「民間企業でも登録推進にプレゼントを出すことはある」と。ん? そりゃ、企業ならアプリ登録で何らかの収益を得るんだから何の不思議もない。区は違うでしょ??
課長の答弁ではまずいと思ったのか、すぐ部長がフォロー。「登録を促すことで、その後のアンケートをしっかり取り組みたい」と。つまり、キャンペーンで登録を促すのはアンケートにつなげるためだ、と。「1年後に健康グッズの利用状況も含めた健康に関するアンケートを実施する」ということだそうです。
まあ、課長の答弁よりはいくらかましですが、しかし、申し訳ない。これも笑止千万。何より、このキャンペーン期間中の登録目標は5,000人。つまり、5,000人の登録のために3,000人に贈り物を用意するというのです。抽選とはいっても、2人に1人以上が当たるという何とも太っ腹の抽選です。
もし、キャンペーン用品それ自体に区が高い関心を持っていて、その使い勝手や評価をもとに、これらの商品を区としてあっせんするとか補助するとか、そんなことまで考えているのなら、また話は別です。しかし、違います。あくまでアプリ登録のキャンペーンです。アプリが効果的で必要だと思えるなら、区民は、ちゃんと使ってくれるはずだ――区は、そうは考えなかったようです。プレゼントという“エサ”がないと登録が進まない…しかし、そんなことで登録してくれた人が、どこまでこのアプリを活用するでしょう?
「これは、行政の仕事としての正道ではない」と、私は発言しました。正道ではありません。邪道です。

ちなみに、キャンペーン用品に使われる税金1,100万円は、区の独自財源。都や国からの補助金は一切入ってこないとのこと。貴重な税金を、しかも1,100万円も、アプリの登録を広げるために、3,000/5,000というすごい確率でばらまくなんて、私には信じられません。よほどお金が有り余っているのか? 健康部には、もっと他に、本当に切実で、本当に大切な税金の使い道があるんじゃないですか?

by ikejiriseiji | 2017-10-08 18:16 | 健康・医療 | Comments(0)
胃がん検診、受けていますか? バリウムの白い液体を「げっぷをせずに!」と言われながら飲み、そして検査台に乗り、上に下に、右に左にぐるぐると回転させられる、あの検査です。
私は、もうここ何年か受けていません。バリウムもつらいし、あの検査台での“力技”の体位変換もしんどいし、医療被ばくのことも気になっていたからです。1回のバリウム検査で受ける被ばくの実効線量は数mSv~10数mSvと言われます。通常の胸部レントゲンX線撮影での被ばく量の数十倍から百倍くらいの値です。もともと胃がんの集団検診については、がん死亡率の低下につながるエビデンスを巡って様々な議論があり、一斉集団検診をやっているのは日本だけという話もあります。
がん検診が効果的で必要であるとしても、もう少し被験者の負担が少ない方法がないのか? そんな思いで注目してきた胃がん検診での内視鏡検査導入の動きが、ここに来て大きく進みつつあります。
昨年、厚生労働省ががん検診ガイドライン (がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針) を改定。胃がん検診の項目として、内視鏡検査が正式に位置づけられました。そして、これを受けて、練馬区でも「がん検診・生活習慣病対策検討委員会」で胃がん検診の在り方についての検討が進められ、来年度2018年度から内視鏡検査を導入する方向が示されたのです。

b0017546_16072881.jpg
上の資料は、区の検討委員会で提出されたものです。国のガイドラインに沿って、2年に1回。来年度、つまり2018年度からモデル事業として胃がん検診に内視鏡検査が導入される――決算の質疑の中でも、所管課はこの方針を確認しました。大きな転換です。
もちろん、このモデル事業では、内視鏡検査を受けられる人はごく限られています。検査体制、経費など、課題も多くありますが、検査の在り方や意味を見つめ直すきっかけとしても、ぜひこの動きを進めていきたいものです。

by ikejiriseiji | 2017-10-03 17:56 | 健康・医療 | Comments(0)

練馬区議会議員・池尻成二


by ikejiriseiji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31